体幹3: ダブルレッグストレッチ

みなさん、こんにちは
今回は、「ダブルレッグストレッチ」

上部腹筋&下部腹筋を同時に鍛えることができるエクササイズです。
これで骨盤・腰椎のニュートラルが保てるだけの腹筋力はほしいものですね!


【ダブルレッグストレッチ】
DLS
■エクササイズ
①体幹をニュートラルに保持し、インナーユニットの収縮をキープ
②両足をテーブルトップポジションにもっていく。
③アブプレップで胸郭もアップ。
④体幹を安定させ両手両足同時に45度の方向に交互に伸ばしていく


■ポイント
シングルレッグストレッチの強化版です。
このエクササイズは上部・下部腹筋のエクササイズとなります。
骨盤・腰椎のニュートラルをキープし、脚の動きに対して体幹がグラつかないように保ちます。

■アドバイス
このエクササイズでは内・外腹斜筋が両方鍛えられます。
脚を伸ばす動きによって、腸腰筋が短縮している人は、骨盤が前傾位に引っ張られます。
それに対して外腹斜筋で骨盤ニュートラルをキープすることになります。
両脚の重さを支えるため「ヒールスライド、シングルレッグストレッチ」よりもかなり負荷が高くなります。

また両手を伸ばすことにより、広背筋が引っ張られ、背中が浮きそうになります。
それに対し内腹斜筋で胸郭の安定を図ります。


強度が高いため腹直筋をメインで使ってしまう人が多いです。
腹直筋の筋腹が盛り上がってこないように注意し、かつ筋収縮の感覚が腹部外側にあるように保ちます。


人気ブログランキングへワンクリックありがとうございます^^

⇒体幹エクササイズ一覧へ

関連記事