体幹11: サイドルック

みなさん、こんにちは
「美しい姿勢」をつくるスペシャリストのさだです。



今日は四つばいでの、脊柱分離運動の続きです。
キャットバックはとても使えるエクササイズです!

四つばいの最初にニュートラルポジションが取れないときは、
まずは脊柱の分離を考えますので、そういった時に使います。

同じ理由で、今日紹介するエクササイズは「サイドルック」です。

キャットバックが屈曲・伸展の分離であれば、サイドルックは側屈の分離となります。
では見てみましょう^^


【サイドルック】
サイドルック
■エクササイズ
①四つばいの状態で体幹のニュートラルをキープ。インナーユニットの収縮は保ちます。
②骨盤・腰椎はニュートラルをキープ。胸椎下部 ⇒胸椎上部 ⇒頚椎の順に左右に側屈を起こします。
③踵をみるようにして頭部を側屈方向に回旋させます。(右側屈-右回旋)


■ポイント
このエクササイズは胸椎の左右側屈の分離を引き出すことが目的です。
骨盤や腰椎で代償しないように気をつけます。

骨盤・腰椎は動かないように安定させ、胸椎下部から背骨を一本一本動かすように側屈を起こします。
胸椎の動きに合わせて頭部を同側方向に回旋させ、踵をみるようにします。

この動きを行なうことで胸椎&頚椎の回旋・側屈パターンの運動連鎖が整います。



■アドバイス
動き自体は簡単ですが、胸椎の側屈が起きているかをきちんと確認します。
腰椎・股関節での代償運動がとても多いエクササイズです。


人気ブログランキングへワンクリックありがとうございます^^

⇒体幹エクササイズ一覧へ

関連記事