【筋の機能的分類×特性】知っているとお得です( ゚Д゚)

みなさん、こんにちは
骨格ラインから美しい身体をつくる美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaです。


4/22・23(土・日)と続けて、当サロンにて「痛み改善系」のセミナーを4つ連続で開催いたしました。現場でよく遭遇する「腰痛」「肩関節痛」「股関節痛」「膝関節痛」などの症例に対し、基本的なアプローチの考え方をお伝えするものです。


これらのセミナーはその元となる『re・Frame exercise®』の現場向け簡易パッケージとして用意したもので、「身体の仕組み」が破綻したために「痛み」が出ている、ということが理解できる内容になっています。


3時間のセミナーなので、細かいところは解りやすい言葉に置き換えて話しているので、今日はそのフォローの意味も含めて「筋の機能的分類」に関して書いて、もう少し詳細の情報をお伝えしようかと思います。

24382168_xxl_201704241416146c6.jpg  27660318_xxl.jpg 

フィットネス系の業界にいると、よく「インナーマッスル」や「アウターマッスル」という言葉は聞くと思います。私もセミナーやこのブログでも、その言葉でよく説明をしています。しかし、皆さんもご存じのように、解剖の勉強を深めていくと、この「インナーマッスル」「アウターマッスル」という呼び方は、各筋肉の機能を説明するには適切ではない、というのが解ってきます。


ではどうしてそのようなワードを使うのか?ということですが、これは一般ワードとして認識されており、(クライアントさんを含め)多くの方が受け入れやすい概念として定着している事実があるからです。そして適切ではないけど、大きく間違っている訳でもない、というのがその理由になっています。( ゚Д゚)マズハリカイシテモラワナイト


まぁ、そういう理由で使っているのですが、やはり専門家の方々には、ちゃんとした分類をお伝えしておいたほうがよいな、ということで今日の記事を書こうと思った訳です。
※セミナーでは簡単にですが説明はしております。



という訳で、「筋の機能的分類」を見ていきますが、私は理解をしやすいように4つのカテゴリーに分ける方法を採用しています。
=======================================
●ローカル・スタビライザー(関節制御インナー)
●ローカル・モビライザー(姿勢保持インナー)
●グローバル・スタビライザー(姿勢保持アウター)
●グローバル・モビライザー(動的アウター)
=======================================

この4つのカテゴリの特性を理解していくと、それぞれの機能性がイメージできるはずです。


■ローカル・スタビライザー(関節制御インナー)
ローカル・スタビライザーは、制御する関節近くに起始停止を持つ深層の筋肉であり、筋ボリュームが小さく、関節中心軸制御に力を発揮します。ジョイントセントレーションとかPICRの制御とかで説明されたりしますが、簡単に言うと「動作時に関節がズレないように保護する」のが主な役割です。


特徴として、低負荷・低スピード運動~高負荷・高スピード運動の全てにおいて働き、持続的な収縮能力(動作時に抜けずに働き続ける)をもち、全方向性で関節の制御をおこなえる特性を持っています。全方向性に働く機能を持つことから一般的に言われる「相反神経支配」の影響は受けないようになっています。その他の特徴としては、関節包に付着を持つローカル筋も多く、関節が動く際に関節包を引っ張り、関節面に挟み込まれないようにする機能なども持っています。


弱点としては、筋肉が小さいため、体重を支えるなどの負荷には耐えれないというところ。そのため体重支持にはローカルモビライザーなどが働いてくれてますが、その際に関節中心軸がズレないように裏方でひっそりと働いてくれています。


機能障害としては、「収縮タイミングの遅れ」「筋ボリュームの低下(萎縮)」「全方向性で働かなくなる」「ゆっくりとしたスピードで働かなくなる」「持続収縮ができなくなり、途中で収縮が抜けてしまう」などよく言われています。


有名な「腹横筋」や「多裂筋」などのコア・マッスルはもちろんですが、頸部の「頸長筋」「後頭下筋群」、肩関節の「ローテーターカフ」、股関節の「外旋六筋」などがローカル・スタビライザーの代表となる筋肉と言えます。※その他にも多くあります。



■ローカル・モビライザー(体重支持インナー)
ローカル・モビライザーは、深層・中層の単関節筋であり、関節制御と姿勢保持の両方の機能を担っています。ただし関節の中心軸制御に関わる機能はローカルスタビライザーほどはなく、ある特定方向における制御しかできなくなっています。姿勢保持に関してはある程度の筋ボリュームがあるためしっかりと働いてくれます。


特徴としては、関節を折り曲げようとする外力に対して、エキセントリック収縮しながら力を発揮し、関節位置を保つように働いてくれます。つまり体重を支えるとか、日常におけるちょっとした動作において姿勢が崩れそうになった際に、姿勢をもとに戻すように関節を動かしてくれる筋肉群ということです。相反神経支配の影響を受けるため、拮抗筋の状況により上手く働けなくなることがよくあります。


機能障害としては、「低負荷における過剰収縮」「拮抗筋の過剰収縮による出力ダウン」「伸張域における出力ダウン」などが言われています。


代表的な筋肉は、腹部の「内腹斜筋」、股関節の「小殿筋」「短内転筋」、足関節の「後脛骨筋」「腓骨筋」などになります。※その他いろいろとあります。



■グローバル・スタビライザー(姿勢保持アウター)
グローバル・スタビライザーは、表層にある筋ボリュームの大きな単関節・二関節筋であり、大きな関節運動をおこすことが得意な筋肉です。姿勢保持としてエキセントリックに働いたり、身体を大きく動かすためにコンセントリックに働いたりと、多機能な働きぶりをしてくれます。


特徴としては、高負荷・高スピードにも対応できつつも、関節をズラす力はそれほど強くないというところです。ただし可動域の最終ポジションによってはかなり関節軸をズラす力を発生させる筋肉も多くあります。ローカル・モビライザー(体重支持インナー)で支えきれない、強い・速い力に対し協調して働いて姿勢を保持してくれます。またグローバルモビライザーの協調筋として、大きく関節運動を起こす際にも一緒に働いてくれたりします。


機能障害としては、「低負荷における過剰収縮」「拮抗筋の過剰収縮による出力ダウン」「協調筋(主にグローバルモビライザー)の過剰収縮による出力ダウン」「伸張域における出力ダウン」などが言われています。ローカルスタビライザーとほとんど同じですね。


代表的な筋肉は「大殿筋」や「腸腰筋」となります。※その他いろいろあります。


■グローバル・モビライザー(動的アウター)
グローバルモビライザーは、表層にある二関節筋であり、強く・速く、複数の関節を同時に動かすことが得意な筋肉群です。複数の関節をまたぎ関節面より遠い部位に起始停止を持つため、関節制御機能は無いに等しく、収縮すると関節をズラす力を強く発揮してしまいます。


特徴としては、高負荷・高スピードでのコンセントリック収縮を得意とし、低負荷の運動ではそれほど活動しないようになっています。筋力が大きいため疲れやすく、持久力はあまり高くありません。そのため使う必要がないときは、基本的にOFF。使われる際には爆発的にONという感じの収縮特性を持ちます。


機能障害を受けると「低負荷における過剰収縮」「痛みや関節のズレに対する過剰収縮」など、ちょっとしたことで過収縮をしてしまう暴走モードに入ってしまう傾向にあります。( ゚Д゚)カッテニハタラキヤガル


グローバル筋の代表例は、「腹直筋」「ハムストリング」「大腿直筋」などでしょうか?※その他いろいろとあります。


19062294_m.jpg

少し簡単ではありますが、筋の機能的分類のカテゴリを4つご紹介しました。このカテゴリ分類に従い、全身の全ての筋肉を分類することで、ある程度、筋の相関関係が見えてきます。そしてその理解が深まっていくと、現場において症状改善アプローチが的確にプログラムできるようになります。


というのはカテゴリ別に、機能障害が起きた時の、筋生理学的な反応の出方が違ってくるからなのです。例えば機能障害が起きた際に、
「筋出力ダウンするのか?筋出力アップするのか?」
「抑制されるのか?活性化されるのか?」
「短縮するのか?弛緩するのか?」
「閾値が上がるのか?閾値が下がるのか?」
「神経制御の問題?筋力の問題?」など
原因となっている筋肉が、その時にどんな状態になっているかが、あらかじめ予想がつくということなのです。(・∀・)イロイロミエテクルヨ


といっても、今後も理解しやすいという点から、「インナーマッスル」「アウターマッスル」と言ったりすると思いますが、一応、このように明確に筋の機能分類をした上で、クライアントさんの機能障害が改善するプログラムを、セミナーでは提供しております。細かなところを聞きたい場合は、セミナー終了後に個別に質問して頂ければお答えもしますので、お気軽にご質問くださいね。
 
 
RRR・Craにおけるプログラムは、全てこうした理論背景をもとにエクササイズを組み立て、ある一定以上の効果がでるようにしています。今後こうした細かな筋生理学的な部分などメンバー向け勉強会でお伝えしていく予定でおりますので楽しみにしていてください。また一般公開しているセミナーにおいても、常にこうした観点からブラッシュアップをしております。極力最新データに基づき、できる限り効率的な機能改善ができる内容にしていってますので、ご興味ある方は是非ご参加くださいませ。



【4月のセミナー】( ゚Д゚)コンシュウマツカイサイ
● 4/29(土)13:00~、15:30~京都|京都
・3step7exercise
 ~くびれをつくる3つの法則~
 ~美尻をつくる3つの法則~
 

【5月以降の開催予定セミナー】
http://ccsics.blog74.fc2.com/blog-entry-318.html



|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから


【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 

      
RRR・Craセミナーの日程は
下記リンクにてご確認ください。


  RRRホームページ 
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


CoreCradleRAcademyホームぺージ
http://core-cradle.com/


関連記事