【解剖×感覚×方向性】同じエクササイズが全く違うモノになる瞬間

みなさま、こんにちは
骨格ラインから美しい身体をつくる美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaです。


2/26(日)当サロンにて、
◆CoreCradle®&Lips 理論編①②
を開催いたしました。
理論編 

今回も各地より、トレーナー、インストラクター、柔整師、PTさんなど多くのご参加ありがとうございました。

Basicセミナーやエクササイズ編セミナーを受講せず、この理論編から受講された強者も数名いらっしゃいましたが、CoreCradle®やLipsを使ってみて如何だったでしょう?かなり「効果の再現性」が高いツールだと感じられたと思います。


今回の理論を知ることで、今後エクササイズ編のセミナーに参加された際に、より正確にエクササイズが実施できると思います。エクササイズ編にまだ参加されていない方は、ご都合のあうタイミングで是非ご参加くださいませ。

またこれで必須カリキュラムを修了された方は、認定プラクティショナー試験のほうにどうぞお申込みくださいね。(*´▽`*)マッテマース


【お知らせ】
※7月以降、エクササイズ編・理論編を受講するには、Basicセミナー受講が必須となります。あらかじめご了承ください。




この「理論編①②」は、Basicセミナーやエクササイズ編セミナーでやってきた「エクササイズ」と、そのエクササイズを構築している「解剖学的な理論背景」を擦り合わせて、より正しいエクササイズが実践できるようにしていく内容です。

参加された皆様は、解剖学的な理論を知ることで、エクササイズ時における「動きのエラーパターンの見極め」や「修正における力の方向性」などが正確に指示できるようになったのではないでしょうか?

20170226_121928.jpg
寛骨の動きのパターンと左右の非対称性を確認できるようにしていきます。エクササイズ時も常にチェック。

20170226_125858.jpg
リップスを使った寛骨の歪みの調整と動的な安定性の獲得。リップスを使うことで、今まで真っ直ぐだと思っていた身体が、いかに歪んだ状態で使われていたかが、はっきりと感じれたのではないでしょうか?大事なのはクライアントさんに、ご自身の動きの癖を「気付いてもらう」こと。

20170226_151335.jpg
クレードルでの多裂筋の活性化による静的な安定性の獲得。リップスで得た寛骨の歪みを修正する感覚・方向性を意識してのエクササイズは効果をより一層高めてくれます。
 
 

Basicセミナーやエクササイズ編では、基本項目として「エクササイズの目的」「ターゲットマッスル」「固定部位」「分離部位」「エラーパターン」など、必要と思われる要素は最低限お伝えしておりますが、細かな解剖学的背景に関しては深く踏み込まず、エクササイズ中心の内容で組み立てています。まずはある程度のエクササイズの種目を知らないとレッスンで使えないですしね!


実際エクササイズにおいても、エクササイズのデモを見せて、「動きを真似してもらい」「身体に出てくる感覚」を伝えることで、見た目はある程度同じような動きができます。そしてCoreCradle®やLipsを使っていれば、ツール特有の特性により、それなりに効果が出るようになっています。
 


通常のレッスンにおいては、大まかにはそれ位でいいかなぁ、とも思いますが、でもですね、やっぱりそれだけだと勿体ないんですよね。特にパーソナルレッスンなどでは、1対1でクライアントさんの身体を見れるわけですから、ちょっと細かい部分の修正までしっかりとできると、さらに効果が高めれると思うのです。


セミナーでも何回かこの声を聞きましたが、「それまでやっていたエクササイズでの身体の使い方と、解剖学的背景を理解した上でのエクササイズでの身体の使い方は全く違う」ということです。
 
 
見た目はほぼ一緒です。使われている筋肉もそれほど違っている訳ではありません。それでもなお、「力を通す方向性」が違うだけで、身体感覚は恐ろしく変わってきたりするのです。

水平面での力を出すのか?矢上面での力を出すのか?前額面での力を出すのか?例えば骨盤を制御する力を発揮するにしても、意識する方向性が変わるだけで、身体をコントロールする感覚と使われる筋繊維が違ってくるのが体感できたと思います。
 

これはたぶんパッと見では解らないものです。意識してやってみて初めて気づくことだったりします。でもこういったちょっとした部分が、残り数%残っている痛みや歪みの原因だったりすることがほとんどなんですよね。


大勢を見るときに、そのクオリティーを保つことは無理だと思います。でもパーソナルレッスンであれば、少しずつクライアントさんに細かな所を解りやすく伝え、正しい方向性への身体の使い方の感覚を得てもらうのが、結果として様々な効果に繋がっていくと思います。
 

少しずつでいいので、現場でのエクササイズ指導に、今回の要素を入れ込んでいってもらえればと思います。現場で使っている内に疑問点など出てくると思います。その際はご気軽にご質問くださいね!



|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから


【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 

      
RRR・Craセミナーの日程は
下記リンクにてご確認ください。


  RRRホームページ 
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


CoreCradleRAcademyホームぺージ
http://core-cradle.com/


 


 




関連記事