専門書が「正しい事を書いている」とは限らない

みなさま、こんにちは

骨格ラインから美しい身体をつくる
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaです。


突然ですが、皆様
専門書って月にどれくらい読んでますか?

Technical-Books.jpg 

冊数でいけば、
厚い本・薄い本で大分違ってくるので
日々の平均読書時間が一番的確ですかね。



私は、出張中は別ですが、
一日に最低1時間くらいは
専門書を見る時間を作っています。
※ネットで学術論文を読む時間含む


昔に比べて、読んでいる時間が
かなり少なくなったのですが

まぁ経営者として
細々とやることも多いので、
それ以上の時間を割くことが
難しいのが現状です。



しかし、ここ最近ですね
私の心を鷲掴みにして離さない
専門書(2016年に出版)があるのです!!
(゜ロ゜)ナンデストー


なぜ鷲掴みにされるのか?というと
その本に書かれている内容が
------------------
『明らかに変だろうΣ(゚д゚lll)ウォーイ???』
------------------
という感じだからです。

Question.png 

そう解剖学的に
『明らかにおかしい・・・よね?(-_-;)』 
という感じで、

私が勉強してきたことと
かなり多くの相違点が書かれており、

そのため、
その他の専門書や論文などを探して
細かな関節面の角度や関節の運動方向
靭帯や関節包のつき方や
テンションのかかる角度など

「自分の考えのほうが
間違っているのではないか?」

と検証し直さなければならなくなるのです。



まぁ、こういったのは
基礎的な部分を再度見直す
よいキッカケにもなるので
それはそれで良いのですが、

もしこの本を読むのが
まだ解剖に詳しくないトレーナーであったら?
と思うと怖い感じです。



というのは、皆さんもそうだと思いますが
『専門書だから正しい事が書いてある』
って思っちゃいませんか?
(゜ロ゜)オモウ,オモウ~


私も20年近く前に
この業界にはいった時は
本に書かれていることは全て正しい
くらいな感じで思っていましたからね。


でも歳月が経ち
ある一定以上の数の専門書を読んでいくと
「本によって結構間違ったことが書かれている」
という事実に気づいていきます。


という訳で
■専門書に書かれているから正しい情報
という思い込みをしないで 
 
常に自分が持っている情報と
本に書かれている情報を比較し
 
これはおかしい?と思う部分は再検証し
これは新しい知識だ!という部分は
知識をアップデートし、
 
そうして常に最新の情報に
自分を合わせていく努力が
必要だと思っています。
 
 

まぁでもとりあえずは
しっかりと勉強していけば
専門書もより高度な内容のモノへと
変わっていくきますから、
次第にその相違点に気付くようになるのでしょう。
 

まぁ、そういったことを知っておくと、
本のセレクトも変わってくるのでは
ないかと思います。
  
 
という訳で
今日もその本にやられて
予定以上に時間を費やしてしまったので
それをブログに書き綴った次第です。
 
 
|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから


【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 

      
RRR・Craセミナーの日程は
下記リンクにてご確認ください。


  RRRホームページ 
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


CoreCradleRAcademyホームぺージ
http://core-cradle.com/

関連記事