【筋の弾力性】可動域を低下させる筋節の変形

 みなさん、こんにちは
 
骨格ラインから美しい身体をつくる
美姿勢・美脚スペシャリストの@Sadaです^^
 
 
「筋の弾力性」とは
===========================
●筋の「縮む力」と「伸びる力」
●伸ばされた状態から「元に戻ろうとする力」
===========================
ということでした。
 
 
この「弾力性」が低下すると
×関節が不安定になったり
×関節可動域が低下したり
という状態になってしまいます。
  
 
これは
身体に問題を起こす原因となるので
できる限りコンディショニングをして
整えていく必要があります。
 
 
そこでちょっと細かな所ですが、このうち
●「縮む力」と「伸びる力」=筋の伸縮能力
に関して見ていきましょう。
 
  
解剖的に言うと
筋の伸縮とは、筋節の中で
「アクチン」と「ミオシン」が
滑り込んだり、引き離されたり、という
運動が起きていると言えます。
 
 
下の図をみれば解りやすいと思います。
真ん中の緑で書いてあるのが「ミオシン」
両サイドの茶色っぽいのが「アクチン」
 
そしてこの「アクチン」は
Z帯と言われる区切り板みたいなものに
着いて固定されています。
 
actin-myosin.jpg 
 

なので、筋の伸縮能力は
「アクチン」と「ミオシン」による

『滑り込み運動が
しっかりと起きている状態』

であればあるほど
機能が正常だと言えるのです。
 
 
ところが、この滑り込み運動
筋肉をあまり使っていないと
当然ですが機能低下していきます。
 
 
Z帯とZ帯の間に変形がおき
アクチンとミオシンの滑り込み運動が
起きにくくなってくる、というものです。

 
この滑り込み運動が小さくなると
当然筋肉の収縮と伸張の範囲が
狭くなり、関節可動域が低下する
という訳です。
  

本来伸び縮みするはずの組織が
固くなってしまうということは、

関節運動が起きる時に
その固くなった組織が邪魔をして
正しいラインで関節が動かせなくなる。

つまり
「関節中心軸の制御」ができなくなる
というケースが
出て来たりするんですよね。

動作時に
関節の中心軸がずれるということは
周辺組織にダメージを与える。
ということになります。
 
 
まぁだからこそ
エクササイズを通して
「しっかりと関節を動かす」という
ことが重要になってくるのです。
 

ちなみに、この時は
特に負荷を高める必要はなく

自分の体重が制御できていれば
それくらいで十分です。 

 
大事なのは、可動域を出すこと。

負荷を高めるのではなく、
『正しい動作のラインで
 最大限の可動域で動かす』
という所です。
 
  
これはRRRやCraでは
======================
●ライン×可動域
======================
という方程式で、お伝えしています。
 
 
ちなみにCoreCradle®を使うと
骨格の歪みが矯正された状態で

ツールの動きのガイドに従って
正しいラインで動けるようになっています。
 

これがCoreCradle®を
使うメリットの一つであり、
 
すでに使っている人は
あの再現性が異常に高い理由が
こうした部分にあることを
知っておいてもらえればと思います。
 
  
「筋の弾力性」を正常化させるメリットは
まだ他にもあります。
  
今後はそれらに関して
書いていこうと思いますので、
続きを楽しみにおまちください。
 
 
 
【CoreCradle®Basicセミナー日程】
・5/28(土) 東京 10:00~12:00
・6/4 (土) 福岡 11:00~13:00
 
  
【Level1セミナー日程】
・4/24(日) 札幌 12:30~18:00
・4/29(金) 横浜 11:00~17:00
・7/18(月) 横浜 11:00~17:00
  
   
【Level2セミナー】
・5/1(日) 愛媛 13:00~18:00
 
   
■CoreCradle®セミナーの日程・詳細・お申込みは
⇒http://core-cradle.com/seminar/pg81.html
  
 

|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから


【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 

      
RRR・Craセミナーの日程は
下記リンクにてご確認ください。


  RRRホームページ 
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


CoreCradleRAcademyホームぺージ
http://core-cradle.com/




 



関連記事