【情熱と才能】止められないモノって何?

みなさま、こんにちは

WD認定シニアプラクティショナー
&認定スペクトルコンサルタントとして
ビジネスコーチも開始予定の@Sadaです^^
  
 
タイトルにある『情熱と才能』
  
何だか
昔の映画のタイトルみたいですねぇ(笑)
  
  
まぁそこは置いといて
何にせよこの2つの要素は
ビジネスにおいて
根幹となるとても大事な部分となります!
 
 
今日は、この2つの内
『情熱』に関して。
 
 
アメリカでは
成功者たちに共通している要素として
「グリット」というものが挙げられます。
  
 
この「グリット」とは、
物事に対する強烈な『情熱』であり
 
それを達成するために
とてつもなく長い時間、継続的に
粘り強く続け、最後までやり抜く力のことを
指しています。
 
 
実はこの『情熱』
ウェルスダイナミクスでは
●コアバリュー
として
 
土台として持っておくべき
「自分の内にある価値」の
最初の項目に入っているモノなのです。 

 

コアバリュー
※図は私のWDの先生である
 水河先生のサイトよりお借りしました。
 ⇒http://ameblo.jp/erickson-consulting/
 
 
 
『情熱』とは単純に言うと、
  
「止めろと言われても
 ついやってしまうくらい
 好きで好きでたまらないモノ」
 
ということです。
  
  
そりゃ、「止めろ」と言われているのに
ついやってしまうようなモノであれば
いやでも継続しちゃいますよね。
 
  
そういったものは、自分の感覚としては
「仕事として認識していない」状態
だったりします。
 
だって、好きなんだもん(笑)
 
 
だからこそ、気付かぬうちに
膨大な時間を費やしており
 
気付かぬうちに、
他の誰もが近づけないほどの 
専門家となっていたりするのです。
  
そんなものを仕事にしてたら
そりゃ上手くいくのが当然ですよね。

 
まぁ『情熱』なくても
仕事は成立します。
 
でもきっと、かなり頑張らないと
「継続」させることが辛くなってきます。
 
だって、楽しくないのだから。
 
  
「いやいや、仕事だからね。
 楽しさとかは二の次でしょ・・・」
 
そうですね、この気持ちもわかります。

でも、せっかく仕事するなら、少しでも
「好きで楽しめる」ことのほうが
人生楽しめそうですよね。
 
 
「サラリーマンだから
 好きなことなんて選べない」
 
そーですよね。それも解ります。

「仕事辞めて好きなことしたら?」

と言うのは簡単ですが
普通はそうはいかないですからね。
 
 
まぁ、なので
無理なところは無理でしょうが
 
それでもできる範囲内からでいいので、
自分が『情熱』をかけれるモノを
自分の仕事に入れ込んでいくようにする。
 
こうすると、仕事への取り組み方が
全くと言っていいほど変わってきます。
 
 
幸いにして私は
サラリーマンを辞めた後は
紆余曲折ありましたが

現在は好きなことだけで
仕事が構成できている状態です。
 
大変な部分は当然ありますが
おかげさまで楽しく仕事ができています。
  
 
この『情熱』に基づいた
仕事の構築ができると

とても心穏やかに
そして十分な心の余裕を持って
ビジネスに取り組めます。
 
 
ぜひ多くの方に
その状態になってもらいたいと
思っております。
  
 
という訳で
みなさんの『情熱』は
どんな風に仕事に関連付けが
できていますか?
 
ぜひ一度考えてみてくださいね^^
 
 
 
 |WD認定シニアプラクティショナー@Sada|
 
 
 

関連記事