CoreCradle®×下部腹筋の強化

みなさん、こんにちは
骨格ラインから美しい身体をつくる
美姿勢・美脚スペシャリストのSadaです^^
 
 
骨盤の安定性は、
腹部の筋肉すべてが働く必要があります。
 
特に内腹斜筋の下部繊維は、
その走行が腹横筋と同じであり、
----------------------------
・仙腸関節の圧迫力
----------------------------
を発揮して、腰痛改善などに効果を発揮します。
 
  
ちなみに腹横筋も、
神経支配により3つのゾーン分かれており、
 
・下部繊維
・中部繊維
・上部繊維
 
当然機能もそれぞれに違っています。
  
 
--------------------------  
コアトレーニングなどで大事にされるのが「下部繊維」
この部分が、「仙腸関節への圧迫力」を発揮して
関節安定力を高める部分とされます。
  
なので、よく「オヘソの下を凹めて~」と言われる訳ですね。
  
 
ただしこの部分に関していうと、
「腹横筋」や「骨盤底筋群」だけの単独収縮だと、
逆に仙腸関節を緩ませるケースがあります。
   
 
なぜ緩むのか?は長くなるので、今回は飛ばしますが、
骨論的にはコアマッスル全体の協調収縮が大事ということです。
 
--------------------------
「中部繊維」による安定力は、
腹横筋と腹斜筋で機能が変わってきて、
  
 
腹横筋中部繊維は、腰背筋膜に「張り」をつくり、
その張る力を通して腰椎の安定性に関与します。
※この収縮により腰椎の伸展がおきるとされる文献もありますが、その作用は明確ではありません。
 
  
腹斜筋の中部繊維は、「筋収縮による腹壁」をつくり
体幹を「固める力」を高めてくれます。
※いわゆるブレーシングでの剛性力向上

--------------------------
腹横筋・腹斜筋
機能に違いはあれど、どちらにせよ
骨盤・腰部を保護してくれる作用があるわけで、
どちらも鍛えておくことが重要です。

 
どちらかが大事というよりは、神経支配的にも腹部筋は
・下部
・中部
・上部
という意識で、短縮性・伸張性の両方で
鍛えていくことが大事になるのです。
 
 
今回の動画は
ドローイン(腹部筋の短縮性収縮)による
骨盤・腰部の安定化を狙ったトレーニングとなっております。


 

クレードルを使うことで
代償運動がはっきりと解るようになりますので
お持ちの方は是非やってみてください。


 
 
【Basicセミナー日程】
・3/13(日) 横浜 11:00~13:00
  
【Level1セミナー日程】
・2/27(土) 新潟 13:00~18:30
・3/12(土) 広島 13:00~18:30
・3/20(日) 横浜 11:00~17:00
・4/29(金) 横浜 11:00~17:00
   
【Level2セミナー】
・2/21(日) 大阪 13:00~18:00
・2/28(土) 新潟 10:00~16:00

【Level1復習勉強会】
・3/13(日) 横浜 14:00~16:00
 
 
■セミナーの日程・詳細・お申込みは
http://core-cradle.com/seminar/pg81.html


|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから


【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 

      
RRRセミナーの全日程は
下記リンクにてご確認ください。


  RRR公式ホームページ 
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html




関連記事