CoreCradle®×腰部スタビリティ

みなさま、こんにちは
骨格ラインから美しい身体をつくる
美姿勢・美脚スペシャリストのSadaです^^


コアクレードルを使ったエクササイズで
以前、大アーチを上にして骨盤を乗せ、
多裂筋を活性化させるエクササイズを
紹介いたしました。
 


今回は、小アーチを上にして
おこなうバージョンを紹介します。



合わせて腰痛の小ネタ情報も
ご紹介しますね。
 
  

■多裂筋による仙腸関節の安定性


多裂筋は機能的に
仙腸関節を「締まりの位置」に安定させ
骨盤の安定性を飛躍的に高めてくれます。
 

これは多裂筋が
その機能として仙骨と寛骨を調整し
「骨の配列による安定性(閉鎖位)」を
高めてくれることと
 
多裂筋の張力による
「筋による安定力(閉鎖力)」を
持っているからです。
  

  
そんな多裂筋ですが
この筋はちょっとしたことで
すぐに機能不全になりやすく

・萎縮
・空洞化
・脂肪層の入り込み

などが頻繁に起こる筋肉として知られています。


  
 
ちなみに
多裂筋がうまく機能しなくなると
ほんの少しの動作でも
腰痛を感じだしたりします。
 
 
よく「代償運動」を原因とした
腰痛が取り上げられます。


股関節や胸郭の固さを代償して
腰部に負担がかかるなどのケースですね。

 
実際にそういったケースは現場では多く、
それらの可動不全の関節に対し
可動性を高めるトレーニングなどは必須となります。
 
 
ただし、この多裂筋の機能不全による
腰痛を経験した人であれば解るのですが

実際はそんなに解りやすい動作での
代償運動のレベルではないのが実際です。
  
 
本当に多裂筋の機能不全による
「仙腸関節の不安定性」が
原因の腰痛であれば、
 
例えば、
・頭をさげて下を見ようとしたら痛みを感じる
・足を上げようと思ったら痛みを感じる
などと

傍目で見たら
まだ「動作が起きていない」段階
で痛みを感じたりするのです。
 
 

そうしたケースでは
まず最初におこなうべきは
-----------------------------
●骨盤・腰部の安定化
-----------------------------
であり

ドローインであれブレーシングであれ
まずは腹部インナーと腰部インナーを
協調させて、しっかりと働く状態に
持っていく必要があるのです。
 
 

日常生活レベルの負荷であれば
「ドローイン」ぐらいで

スポーツシーンにも対応なら
「ブレーシング」レベルの安定力も。
 

 
どちらの収縮でも
コアマッスルが協調して
骨盤・腰部の安定性が
保てるようにしていく必要があるのです。
 
 
今回ご紹介している
動画のエクササイズは

腰部の伸展も伴うため、
ある程度多裂筋の感覚を
つかんだ人向けのエクササイズとなります。 



 
このエクササイズは
多裂筋を収縮させた状態で

意図的に腰椎の伸展・屈曲が
起こせます。
 


日常生活では、盤・腰椎は常に
動的な安定性が求められ

屈曲・伸展などは
当然のごとく起きています。
 


そういったシーンでも
しっかりと多裂筋が働くように

動的な安定性を高めることが
重要な要素と考えられます。
  


クレードルをお持ちの方は、
・安定性の高い大アーチ上バージョン
・動的な安定性を引き出す小アーチ上バージョン
とを両方やってみてくださいね。
 

■セミナーの詳細・お申込みは
http://core-cradle.com/seminar/pg81.html



|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|













各地にて開催中!

美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada

ワークショップの日程はこちらから



【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 



             

RRRセミナーの全日程は

下記リンクにてご確認ください。



  RRR公式ホームページ 

http://rrr-style.com/seminar/pg81.html











関連記事