記事① コア・トレーニングの3つのポイント

みなさん、こんにちは
骨格ラインから美しい身体をつくる美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaです。
 

このブログをみて、参考になったとセミナーに参加してくださる方が多くいらっしゃいます。ただこの記事を最初にアップしたのが約10年前になっており、現在の最新情報と少し異なる部分が出てきております。古い情報を残しておくのも何なので、今後少しずつ修正・加筆をしていきたいと思います。
( ゚Д゚)ガンバリマス!


加筆・修正のため、タイトルと内容が少し合わない部分なども出てくるかもしれませんが、あらかじめご了承くださいませ。


※H20年4月に書いた記事を、H29年6月に加筆・修正したものとなります。


■コア・トレーニングのポイントとは?


運動をすることは身体に取ってとても良い効果を発揮しますが、適当にやっていても望む効果は出ないケースが多くあります。ではどうやったら望む効果が得られるのか?となると、まずはどんなトレーニングが適切なのか?を理論から押さえていくことが一番手っ取り早いですから、まずはそこの部分を押さえていきたいと思います。


最近では、世界中から最新情報に基づく様々なトレーニング方法が提唱されており、皆様も色々なメソッドを学ばれていることと思います。そんな様々なメソッドが溢れかえっている状態ではありますが、そんなメソッド達も、大きく分けると2つのカテゴリーに分けることが可能です。

============================
●マイナスの身体を0に戻す機能改善系コンディショニング
●0の身体にプラスを乗せていく機能アップトレーニング
============================
 
コンディショニングピラミッド 
まぁ、この図をみてもらえばパッと見てイメージが付くと思います。


で、いわゆる「コア・トレーニング」というのがどのジャンルに属しているのか?という点でみていくと、コア・トレーニングでアプローチしているものは、大抵の場合、姿勢の安定性や関節可動性を良い状態に持っていく内容のものが多く、図の中にある「Stability」「Mobility」の部分に当たります。


ということは、コア・トレーニングは、どちらかというと機能改善系のジャンルに分類されるということですね。


雑誌などでアスリート達が「体幹トレーニング」とか「コア・トレーニング」をすることで成績が上がった、とか書かれている場合もありますが、それは何らかの理由で損なわれていた身体の基本機能が、コア・トレーニングにより改善したことで「パフォーマンスが元に戻った」という感じであり、本来のパフォーマンスアップのためには、機能アップ系のトレーニングが欠かせないものとなります。


※ちなみに雑誌などでもよく紹介される体幹トレーニングの代表的な「プランク」のエクササイズは、本当の意味の「コア」を鍛えることはできません。姿勢の保持機能は若干あがるかもしれませんが、プランク単体で、関節の軸の安定などには効果を発揮しません。なので腰痛などの改善には大して効果を発揮しないエクササイズとなります。( ゚Д゚)フッキンキタエルニハイイケドネ
38969704_xxl.jpg 

それでもやはり、身体にとってマイナスの部分があると、痛みがでたり、ボディラインが崩れたり、本来のパフォーマンスが発揮できなかったりと、取りあえず「良い事はないな( ゚Д゚)」という状態になるので、できればこの基本機能の部分は、誰であっても整えておきたい部分だと言えます。


そしてコア・トレーニングが、その基本機能の部分を良くしてくれるトレーニングであるとすれば、そのポイントをしっかりと理解した上で取り組むことが、良い効果を発揮してくれる事となります。その観点からみていくと、コア・トレーニングとして押さえておいてほしいポイントは3つあり、


①Stability(安定性)を高めるトレーニング
 【目的】
■外力に対して関節がズレないように固めることができる。
■動作時に関節がズレないように関節中心軸を保つ能力を高める
■筋長を整え、脱力姿勢においてもアライメントが崩れず保持できる
 
 
②Mobility(分離性)を高めるトレーニング
 【目的】
■局所ストレスの軽減 :各部位が動くことで衝撃を分散させる
■動作におけるエネルギー消費を最小にする
■筋の弾力性を上げ、しなやかな動きができるようになる


③Coodination(機能性・連動性)を高めるトレーニング
 【目的】
■関節の連鎖に基づいた自然で滑らかな動きができる
■力の伝達や空中バランスが向上する
■いかなる動きにも対応できる身体をつくる


まぁ見ての通り、図に書いてある機能改善の3つの要素ということですね。


この中でも、姿勢改善には特に「Stability」「Mobility」の要素が重要になってくるのですが、それぞれの要素を整える際にもまた理解しておくべきポイントが3つずつあります。それらに関してはまたご紹介していきたいと思いますので楽しみにおまちください。



【RRRセミナー日程一覧は】
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html
 
【Craセミナー日程一覧は】
http://core-cradle.com/seminar/pg81.html
 
【@Sadaのセミナー日程一覧は】
http://ccsics.blog74.fc2.com/blog-entry-318.html



|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから


【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 

      
RRR・Craセミナーの日程は
下記リンクにてご確認ください。


  RRRホームページ 
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


CoreCradleRAcademyホームぺージ
http://core-cradle.com/



関連記事