理論編① ~コア・トレーニング4つのポイント~

みなさん、こんにちは^^
「美しい姿勢」をつくるスペシャリストのさだです。


「美しい姿勢」をつくるためには何をしたらいいのか?
まずはそこのところを理論から押さえていきましょう。

根性論でのトレーニングでは、姿勢を効果的に整えることはできません。
しっかりとポイントを押さえて、どこにどうアプローチするのかを考えながらセッションを行う必要があります。

コア系のトレーニングをカテゴリで分けるとすると、大きく下の4分類に分けられます。
人によっては、これをもう少し細かくして6~8分類に分けていたりします。

しかし大まかにはこれらの分類で十分にセッションの効率をあげることが可能です。


コアトレ4ポイント

コアトレ4ポイント

1.安定性を高めるトレーニング
 【目的】
■重力に対して姿勢を鉛直に保つ
■動作時の無意識の安定化機構を高める
■インナーの安定がアウターのパフォーマンスを高める

2.分離性を高めるトレーニング
 【目的】
■局所ストレスの軽減
■立位保持のエネルギーを最小にする
■筋長を整え、筋が働きやすい環境を作る

3.機能性を高めるトレーニング
 【目的】
■動作時において身体が持つ様々な調整機構を引き出す
■力の伝達や空中バランスが向上する
■いかなる動きにも対応できる身体をつくる

4.体幹の筋力を高めるトレーニング
  【目的】
■強い力で身体を動かせる筋力を身につける
■自分の体重をしっかりと動かす。



姿勢改善に必要な要素は
 ●「安定性」
 ●「分離性」
の2つが特に重要ですね!


コア・スタビライゼーションは、
体幹の『安定性』を増し、抗重力・姿勢保持機能を高めることに優れたメソッドです。
トレーニングにおいて、「ニュートラルポジション」が取れない場合は、分離性を高めるタイプのエクササイズと組み合わせて行なうことで、「美しい姿勢」を効果的に作ることが可能となるのです。


人気ブログランキングへワンクリックありがとうございます^^


関連記事