骨盤の歪みと腰痛の関係

みなさま、こんにちは
骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚スペシャリスト』のSadaです^^

腰痛に関して見て来ました。

腰痛を改善するポイントとしては、
-------------------------------------------------------------------
・インナーマッスルを活性化し、しっかりと関節制御する
・胸郭や股関節の可動性を出し、腰部での代償をなくす
-------------------------------------------------------------------
というところでした。


ただもう一つポイントがあり
------------------------------------------------------------
・骨盤の歪み改善
------------------------------------------------------------
が挙げられます。


骨盤自体は動作時に捻じれながら動きます。
なので捻じれること自体は問題ではないのです。

問題がおこるのは「骨盤が捻じれた状態で固まった」状態になった時なのです。

捻じれたまま固まることで、骨盤・腰部の組織に持続的なストレスを与え、微小炎症などを引き起こし、腰痛の原因となってしますのです。

ではなぜ骨盤が捻じれたまま固まるのか?
ここを考えていくと2つの要素が出てきます。
=================================
◆仙腸関節が固くなり、ズレたままロックされた
◆仙腸関節が緩くなり、関節が支持できずズレる
=================================

どちらが原因であれ、歪んだ状態が長く続くと、組織にストレスを与えてしまうため、できるだけ改善していくことが重要となります。


対応としては、
-----------------------------------------------------------
・仙腸関節の可動性を引き出す
・仙腸関節をインナーマッスルで安定させる
-----------------------------------------------------------
の2点を意識することが大事となります。

この2点を意識して、プログラムを組むと非常に効果が出てきます。
是非現場でやってみてください!

12535445_xl.jpg 

====================================
骨格ラインから美しい身体をつくる
『美姿勢・美脚スペシャリスト』@Sada

◆Sada公式ブログはこちらから
 ⇒http://ccsics.blog74.fc2.com/

◆sadaセミナー日程はこちらから
 ⇒http://ccsics.blog74.fc2.com/blog-entry-318.html
====================================
関連記事