コンディショニングの目的

みなさま、こんにちは
骨格ラインからキレイをつくる『美姿勢・美脚スペシャリスト』のsadaです^^

今日は、「コンディショニングの目的とステップ」に関して。

セミナーやイベントなどでもお伝えさせてもらっていますが、
実際にトレーニングには色々な種類があり、
目的によってやり方が変わってきます。

なので、『目的に合わせて、どんなトレーニングにするか』を意識しておくことが大事だと思います。

==================================
トレーニングの目的は、
大きく分けると下図のように2つの段階に分かれていて、

コンディショニングの目的

◆機能改善 :マイナスの部分を「0」に戻す
◆機能UP  :「0」をプラスに持っていく


の2つになります。


機能改善の要素としては、
・筋による静的・動的安定性(Stability)
・関節の可動性(Mobility)
・姿勢や動きに対する全身の協調性(coodination)
・アライメントの適正化(aligment)

簡単にすると、こういった要素が入ります。


機能upの要素としては、
・パワー
・スピード

などが入ります。


アスリートなどは、これらの要素の下支えの基に、
・テクニック
を磨くことが重要になってきます。


※有酸素能力とかその他の機能とかは、
また別のカテゴリーで分類されておりますが、
今回は除いております。

==================================

トレーナーごとに得意な分野が違うため、
どうしても自分が得意な分野からの視点で、
クライアントさんのトレーニングを見てしまいますが、

本来的には、そのクライアントさんに身体にとって、
どの要素が機能低下しているのか?
をしっかりと見抜いて、
それを補うようなトレーニングをすることが望ましいと考えます。



私などは、パワー系・スピード系のトレーニングではなく、
骨格ラインからキレイなボディーラインをつくるためのコンディショニングを中心にセッションを行っています。

コンセプト的には、機能改善のほうに完全に片寄っている訳ですね。


だからといって、
そこが一番重要だと思っているわけではなく、
逆に、パワー系・スピード系のトレーニングを
得意としているトレーナーさんをリスペクトしております。


単純に、私は、色々なものが全部できるゼネラリストではなく、
ある部分に特化したスペシャリストになる選択をしただけのことですが、それは、このFBページなどの内容からもわかると思います。

みなさんは、ご自身がどんなトレーナーでありたいと考えていますか?


※少しでも参考になりましたら「シェア」して頂ければ嬉しく思います♪

====================================
骨格ラインから美しい身体をつくる
『美姿勢・美脚スペシャリスト』@Sada

◆sadaセミナー日程はこちらから
 ⇒http://ccsics.blog74.fc2.com/blog-entry-318.html
====================================
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック