胸郭と肩甲骨の連鎖

みなさん、こんにちは
『美姿勢・美脚』スペシャリストのSadaです

今日のテーマは、「肩甲骨と胸郭の動きの関係性」です。

これまで胸郭に関して大分見てきました。
理解が進んでいくと、胸郭を整えるためにどんなエクササイズが必要なのかが大体イメージが沸いてくるのではないでしょうか?

しかし、胸郭だけでみていくと、エクササイズがうまくいかないことがあります。

実は胸郭の動きに合わせて、肩甲骨が正しく動いてくれないと、胸郭の動きを邪魔してしまい、可動域がとても狭くなってしまいます。

これは逆も言えて胸郭が動いてくれないと、肩甲骨が十分に動けなくなるということです。

では、胸郭と肩甲骨は、その動きにおいてどんな関係性があるかのかですが、もっとも影響の強い2つのパターンを知っておくとよいと思います。

===============================================
◆胸郭の屈曲⇔肩甲骨の外転

背中を丸めると、自然と肩甲骨が外転し、肩が内にはいるのがわかると思います。
また、両手を前ならえをして、そこからさらに手を突き出そうとすると背中が丸まるのがわかると思います。


◆胸郭の伸展⇔肩甲骨の軽い内転&下制

背中を反らすと、自然と肩甲骨が背骨によっていくと思います。
また肩甲骨を背骨に寄せながお尻のほうに降ろそうとすると、自然と背中が反ってくると思います。

===============================================

これらは本来自然におきている連鎖運動です。
試しに、
「背中を丸めながら肩甲骨を背骨に寄せる」
「肩甲骨を外転させながら、背中を反らす」
などの逆の動きをしようとしると、とても動きにくく、可動域がとても狭いことがわかると思います。

そのため、硬くなりやすい胸郭の動きを引き出すエクササイズを行う際、肩甲骨が胸郭の動きにあったポジションにないと、胸郭の動きを妨げてしまい、思うような結果がでなくなったりします。

肩甲骨と胸郭の関係において、静的なニュートラルの位置と、動作を作る際のベストな位置は違いますので、その点を理解した上で、エクササイズに取り掛かってみてください^^

肩甲骨胸郭連鎖





各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaのワークショップの日程はこちらから
           
【セミナー情報】
  ⇒セミナー日程一覧 

             
RRRセミナーの全日程は下記リンクにてご確認ください。
  RRR公式ホームページ :http://rrr-style.com/seminar/pg81.html



関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック