骨盤を安定させる筋:多裂筋①

 みなさん、こんにちは
骨格から身体を整える『美姿勢・美脚』スペシャリストのSadaです

さてさて、久しぶりになってしまいましたが、機能解剖編再開です。
今日は、骨盤を安定させる筋群の中から『多裂筋』に関して見ていきたいと思います。


■骨盤を安定させる筋 :多裂筋①


さて多裂筋ですが、「インナーユニット」の中でも、骨盤・腰椎部の安定化に最重要とも言える筋だと思われます。
まずはイメージ的には、こんな感じなのを押えておいてください。

【骨盤・腰椎部の多裂筋の図】
多裂筋

上図では、骨盤・腰椎部の多裂筋しか載っていませんが、実際は頚椎~胸椎~腰椎~仙骨と、脊柱全体を覆っており、脊柱の安定化に強く働いています。

脊柱の安定化に働く筋肉ですから、当然椎骨と椎骨を結んでおり、多裂筋は上位椎骨の棘突起と下位椎骨の横突起を結ぶように配置しています。

脊柱において、同じような配置をしている筋群を「横突棘筋」群といいますが、多裂筋をいれて3つあり、、
・回旋筋
・多裂筋
・半棘筋

などに分類されています。
名前の通り、棘突起と横突起を結んでいるわけですね。

その観点からいくと、脊柱を安定させる筋の区分として、
・棘間筋 :棘突起と棘突起を結ぶ
・横突間筋 :横突起と横突起を結ぶ
・横突棘筋 :棘突起と横突起を結ぶ

などに分けて考えることができます。


まぁこういう風に骨についていることを考えると、多裂筋以外にも、脊柱の安定化に重要な筋は一杯ある訳で、私は半棘筋などにもしっかりとプローチしたりしてます。

しかし、それでも「多裂筋」を重要と考えるのは、
多裂筋が身体重心の中心となるS2ラインを安定させるの効率的な付着を持っている点であり、
そしてその部位を安定させる腰部の筋としては最大の面積を誇っている点からです。

腹横筋や骨盤底筋群に比べても、その安定化能力はずば抜けているとさえ感じる『多裂筋』ですが、残念ながら日本ではまだそれほど着目されておらず、適切なアプローチがされていないのが現状と言えます。

ともすれば、「呼吸しながらエクササイズしていたら勝手にはいるようになるから」とか言われる始末で、きっちりとアプローチしている人は殆どいないのではないかと思うほどです。

通常時では呼吸や腹横筋・骨盤底筋群の活動に対して連動して働くとされていますが、
ひとたび機能不全に陥ると、これらの動作に対して連動しなくなり、働きにくくなるのが多裂筋の特徴であり、直接的な随意収縮のトレーニングを最も必要とする筋なのです。

これから、この『多裂筋』に関してしばらく見ていきたいと思いますので、楽しみにお待ちくださいね♪



【セミナー案内】

■肩関節痛に対するコア・アプローチ   : 2/1(金) 18:30~ (横浜)
■美脚コンディショニング          : 2/16(土) 11:00~(横浜)
■骨盤の機能解剖と歪みの評価     : 2/17(日) 11:00~(横浜)
■基礎から学ぶコア安定化エクササイズ :2/17(日) 14:00~(横浜)

セミナーの詳細やお申し込み、その他のセミナー日程はこちらからどうぞ
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html



関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック