10/29 骨盤を安定させる筋 :骨盤底筋群①

 みなさん、こんばんは
『美姿勢・美脚』スペシャリストの@Sadaです

前回「腹横筋」に関してお伝えしましたが、
今回はその続きで、「骨盤底筋群」に関してです。

ちょっと情報量が多いので、数回に分けて書いていきますね!


◆骨盤を安定させる筋 :骨盤底筋群①


骨盤底筋の機能障害である尿失禁は、とても多い症例であり、多くの女性が悩んでいるにも関わらず、的確なアプローチがされていないのが実際のところでしょうか。

「コア」へのアプローチが普及してきた現在では、骨盤底筋への見直しがされている最中だと言えます
そこで、今回は、この「骨盤底筋群」に関して、少し詳しくお伝えしたいと思います。

骨盤底筋1 

まずは解剖学的なところから見ていきたいと思います。

◆骨盤底筋の解剖

骨盤底筋群は3層構造で構成されています。
まず最内にあるのが、骨盤腔内の臓器間を埋める結合組織の「臓側骨盤隔膜」。

そして中層にあるのが、骨盤内の臓器を持ち上げしっかりと支える「骨盤隔膜」
これは、肛門挙筋(恥骨尾骨筋、恥骨直腸筋、腸骨尾骨筋など)と尾骨筋で形成されています。

そして骨盤隔膜を左右から引き締める会陰膜や会陰浅層の筋肉といった表層にある「尿生殖隔膜」です。
これは、浅会陰横筋、深会陰横筋、球海綿体筋、坐骨海綿体筋、尿道括約筋などで形成されています。

骨盤底筋群は、この三重構造でできており、その機能は排尿・排便に関わるほか、他のインナーユニットと協調し体幹の安定性に関与します。


◆骨盤底筋の機能と機能不全

骨盤底筋は、8割以上の筋繊維が遅筋繊維で構成されており、腹横筋や横隔膜、多裂筋などと協調して体幹の安定性を作り出します。
また排尿・排便においては、恥骨尾骨筋や肛門挙筋などが相互に作用し、排泄口を閉じたり開いたりする機能をもっています。

呼吸時において、骨盤底筋は横隔膜と拮抗作用をもっており、
吸気において横隔膜が収縮しながら下制してくると、骨盤底筋は伸ばされるように遠心性収縮をしながら下方に押し出されます。
また呼気時においては、横隔膜が上方にあがるとともに、骨盤底筋は求心性収縮をしながら上方にあがります。

このように、横隔膜と骨盤底筋群は、拮抗機能を持ちつつも、ともに収縮力を発揮し、腹圧を一定に保つ役割を担っています。

しかし、例えば咳やくしゃみなどの場合は、横隔膜と骨盤底筋がともに求心性の収縮をし、腹腔を押さえ込むように働いて腹圧を高め、骨盤・腰部の剛性を高めるように働きます。
全方向から圧がかかるので、腹圧が高まり、体幹の剛性が高まり、衝撃に対し骨盤・脊柱が保護されるわけです。

本来であれば、そのように働く骨盤底筋群ですが、何らかの機能不全を起こすと本来とは違う収縮パターンで動くようになったりします。
先ほどの例でいくと、咳やくしゃみの時に、本来であれば求心性収縮して、腹圧を高めるように働かねばならないところを、なぜか遠心性収縮で動いてしまうようになったりします。
骨盤底筋の機能不全 
この機能不全が原因で、よくある腹圧性の尿失禁症などが起きたりしているのです。

ではなぜ骨盤底筋群に機能不全がおきるのか?ですが、原因として考えられるのが、
妊娠、出産、肥満、排便時のいきみすぎ、腰痛や仙腸関節痛、加齢などになります。

男性に比べて女性に尿失禁が起きやすい理由は、まさに妊娠・出産にあり、
妊娠時における骨盤底筋群への荷重負荷、また出産時の過剰な伸張により筋繊維が損傷するとともに、下部尿路の神経をも損傷する可能性が高いからです。

これらにより、腹部や骨盤底筋群の運動パターンに変化が生じ、本来内側に圧をかけるように収縮するはずが、外側方向に圧が向かうような収縮形態に変わってしまうようなのです。

まとめると、骨盤底筋群の機能異常は、神経学的損傷、腹部・骨盤底筋群の緊張低下、筋の収縮パターンの変化、廃用などが生じ、最終的に姿勢保持機能の損失、動作時の筋の動員パターンの損失といった機能不全が生じると考えらるのです。

                                   

             骨盤に関して詳しい知識を知りたい方へお奨めのセミナーです。
             
             【セミナー情報】
             ◆骨盤の機能解剖と歪みの評価
             
             セミナーの日程は下記リンクにてご確認ください。
             RRR公式ホームページ :http://www.rrr-style.com/cn25/pg109.html


関連記事

トラックバック


>>10/29 骨盤を安定させる筋 :骨盤底筋群① from 海辺で呼吸するここち良さ 〜リ・バランス〜
 みなさん、こんばんは『美姿勢・美脚』スペシャリストの@Sadaです前回「腹横筋」に関してお伝えしましたが、今回はその続きで、「骨盤底筋群」に関してです。ちょっと情報量が多 >>READ

2012.10.30