骨盤の可動性が大事な理由

みなさん、こんばんは
『美姿勢・美脚』スペシャリストの@Sadaです

最近はFBのほうで頚部~胸郭の記事を書いておりますが、こちらが妙に好評です。
FBの頚部・胸郭の記事も、ブログのほうにいづれまとめていきますね!

さて、骨盤の続きをみていきますが、ここまでのところで、骨盤のアライメントのチェックの仕方は大分理解できたのではないでしょうか?

しかしながら、僕は「骨盤の対称性」というのは、正常な機能の結果としてなるものであるのが正しいと思っており、見た目だけ整えてもあまり意味はないと思っています。

そうなると何が必要か?というと、
◆骨盤の可動性
◆骨盤の安定性
の2つの機能が正しく働いているというのが絶対条件だと思います。

ということは、骨盤に関しては、歪みの状況をチェックしたあとは、これらの機能が正しく働いるかを評価し、働いていないようであれば、機能改善のためのアプローチをしていくというのが妥当な流れだと言えますよね。

という訳で、今回は「可動性」に関してみていきます。


◆骨盤の可動性が大事な理由


骨盤は、通常時の歩行においても捻れるように動いています。
このちょっとした骨盤の動きがあることで、身体をスムーズに動かすことが可能となっていますし、身体の部位部位にかかる負担を緩衝できているのです。

骨盤の可動性が大事な理由 

また歩行時に限らず、身体を動かす際には、骨盤が捻じれるように動き、様々な衝撃を吸収してくれています。
そのため骨盤の可動性を失うことは、痛みの原因や動作時のパフォーマンスダウンを引き起こす原因となっているのです。

「骨盤」と書いていますが、実際に動くのは、「仙腸関節」ですよね!
ということは、大事なのは「仙腸関節の可動性」ということになります。

そうなると対称性のところでみたように、「寛骨に対する仙骨の位置」というのがやはり大事になります。
むしろ動作時においてこそ、寛骨と仙骨の位置関係というのが大事になるのです。

そうなると可動性という点でみると2つの問題が出てきます。
何かというと

①可動性不全
②過可動性


つまり、「動かない」状態か「動きすぎている」状態か、ということです。

どちらが問題が大きかというと、私の経験では、「過可動性」のある仙腸関節のほうが問題が大きいと感じています。
というか「痛み」のあるほうは、ほとんどの確率で「過可動性」がある仙腸関節のほうですからね!

では、どのようにして、仙腸関節の可動性をチェックしていくのか?

これは次の記事で書いていきますね!
楽しみにお待ちください^^


骨盤に関して詳しい知識を知りたい方へお奨めのセミナーです。

【セミナー情報】
◆骨盤の機能解剖と歪みの評価

セミナーの日程は下記リンクにてご確認ください。
RRR公式ホームページ :http://www.rrr-style.com/cn25/pg109.html


関連記事