骨盤の機能

皆さん、こんにちは^^
『美姿勢・美脚スペシャリスト』のさだです

ひたすら暑いです。
今日の気温は35°

冷房26度設定ですが、りフォーマーでのエクササイズで、クライアントさんと一緒に大汗をかきながらエクササイズをしております。
今日は、膝立ち~立位でのエクササイズの強度を上げたため、脚がガクガクプルプルしております(笑)

さて、今日は骨盤の機能について大まかな説明です。


◆骨盤の機能 :「荷重伝達機能」とその構成要素


仙骨は脊柱と繋がり、寛骨は大腿骨と繋がることで、骨盤部分において上半身と下半身が連携して機能するように構成されている。
この機能は「荷重伝達機能」と呼ばれ、骨盤にとっても最も大事な機能とされている。

またその他に、骨盤には「腹部臓器の支持と保護」としての機能があり、生命活動に大事な臓器や胎児の保護などを行うための機能を有している。


骨盤の「荷重伝達機能」は3つの要素から成り立っている。
その構成要素は「対称性」・「可動性」・「安定性」の3つである。
骨盤の機能

骨盤はこの3つの機能が正しく働いておくことが大事と言える。
これは、身体各所の痛みなど起きにくく、力も発揮しやすい状態である。

「骨盤を整える」ということは、骨盤の左右対称性だけを整えることが目的ではなく、この3つの機能を回復させ、静的・動的な荷重伝達機能を改善することが大事なのである。

そのためには3つの機能に関しての知識を覚えておくことが重要となる。
今後、それぞれの機能に関してお伝えしていきます。



骨盤に関して詳しい知識を知りたい方へお奨めのセミナーです。

【セミナー情報】
◆骨盤の機能解剖と歪みの評価

セミナーの日程は下記リンクにてご確認ください。
RRR公式ホームページ :http://www.rrr-style.com/cn25/pg109.html




関連記事