骨盤の構造

みなさん、こんにちは
『美姿勢スペシャリスト』のさだです^^

私の活動の一つに、「トレーナーの基礎力アップ」があります。
これまで様々なメディアを通して、各種機能解剖の情報などをアップしておりましたが、
皆様がいつでも見返せるように、今後ブログにアップしていきたいと思います。

早速ですが、骨盤から初めていきたいと思いますね。



◆骨盤の基礎知識 :骨盤の構造


骨盤図

骨盤は、次の3つの骨性パーツで構成されている
・左右で対照的な2つの寛骨(腸骨・坐骨・恥骨が癒合して形成)
・寛骨に挟まれた仙骨(5つの仙椎が癒合して形成)

この3つの骨性パーツが
・左右の寛骨と仙骨が「仙腸関節」で、左右の寛骨は「恥骨結合」で関節を形成し「骨盤輪」を形作っている。


point!骨盤の男女差
骨盤男女差

骨盤は男女によって構造が違っている。
・男性の骨盤は縦長で、骨盤下口は狭くなっている。
・女性の骨盤は横長で、骨盤下口が広くなっている。

この構造の違いは、妊娠や出産の機能に関与しており、女性の骨盤は男性の骨盤に比べて広くなっており、出産に適した構造になっていることが解る。




骨盤に関して詳しい知識を知りたい方へお奨めのセミナーです。

【セミナー情報】
◆骨盤の機能解剖と歪みの評価

セミナーの日程は下記リンクにてご確認ください。
RRR公式ホームページ :http://www.rrr-style.com/cn25/pg109.html




関連記事