4/21&22 長岡 「美脚」&「骨盤」セミナー

みなさん、こんにちは
『美姿勢』スペシャリストのSadaです

もう先週のことになってしまいましたが、新潟県長岡市で「美脚コンディショニング」セミナーと「骨盤の機能と歪みの評価」セミナーを開催しました。

主催は、長岡在住の『美姿勢・美脚』スペシャリストの金子さんです。
【金子さんホームページ】
http://www.stylishbody-aness.com/
今回はおよび頂き本当にありがとうございました。


美脚のほうのお話は今回は置いといて、、
今回は5ヶ月ぶりとなる「骨盤の機能と歪みの評価」のほうに関して書いてみますね^^


「骨盤」に関して知りたいこと?
皆さんだったら、どんなところが知りたいですか?

セミナー開始してすぐに受講生の皆様に質問しました。
色々でてくるのですが、簡単にまとめると、

・骨盤の歪みってどうやってみたらいいの?
・骨盤の歪みと身体全体の歪みはどう関連しているの?
・骨盤の歪みと痛みは関係しているのか?

ってなどでしたかね?

まぁお客さんに、「私の骨盤どうなってるか見て?」とか、「骨盤が歪んでいるから腰が痛いのよね?」て言われたときに正しく返答できないと困りますもんね(-_-;)


はい、このセミナーでは、トレーナーもクライアントも興味深々な「骨盤の歪み」をテーマにしているものです。

僕は、カイロ時代の活動と、今のボディーワーカーとしての活動を通して、
常に骨盤は重要なポイントとして見てきたので、結構色々なパターンに出会っています。

複雑そうに見える骨盤も、順を追って見ていくと、歪みの状況がかなり的確に推測が付くようになります。
フローチャート的に、「ここがこうなっているなら、コッチはこうなっているはず」と予想を立てながらいくのですが、そこに矛盾が生じたりしてきます。そういった矛盾点をつなぎ合わせていくと、骨盤がどうなっているかがわかるのです。

骨盤の状況を把握すると同時に、機能面のチェックが必要となります。
可動性はきちんとあるのか?筋肉による安定性は保たれているのか?

o0800060011934891014.jpg


手技療法では、どうしても歪みの状況と可動性のチェックがメインとなり、関節の動きをつけて、ゆがみを直すという処方になってしまいます。
まぁそれ自体はいいのですが、ボディーワークをはじめてから感じたのが、
・骨盤においては「安定性」不足での機能不全が一番多いなぁ~というところなんです。

可動性をどんなに改善しても、ルーズな部分があるとそこがやはり動いてしまい、またその他の場所が固くなり、可動制限がかかるようになります。
やはり筋肉による関節の安定性というのは、骨盤においてもとても重要なんですよね!

特に仙腸関節は、インナーユニットの多裂筋の機能不全があると、かなりルーズになるので、きちんとコアに刺激をいれることができるようになることは、骨盤を整えるには必須といえます。


今後、各地にてこの「骨盤の機能と歪みの評価」セミナーは、どんどん開催していくつもりです。
骨盤に興味がある方は是非参加されてくださいね!!

セミナー日程はこちらから^^
http://www.rrr-style.com/


ちなみに、懇親会の写真です。
o0800060011934891058.jpg

半分くらいの人が参加してくれました。
とても楽しかったです♪





関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック