美脚理論17 ~膝屈曲時の関節包内運動~

みなさん、こんにちは
『美姿勢』スペシャリストのさだです

股関節から膝まで、だいぶん美脚をつくるためのポイントが出てきましたね!
ただし、美脚への道をクリアするためには、まだまだ細かな要素がいっぱいあります。

そこで今日は、膝の関節包内運動に関してみていきましょう^^

よく「ニーイントゥーアウト膝を壊すからダメ!!」と言われますが、それを解剖学的に説明できますか?
説明できないようであれば、ニーイントゥーアウトが何故膝に負担を与えるのかを今回の記事で覚えてみてください。

知っているよという方は、今回は読む必要はないですからね^^



さぁ、ニーイントゥーアウトが膝に負担を与えるのは周知の通り。
ではそれは何故なのか?

これはうちの美脚 テキストを見てもらえれば簡単に理解できると思います。

膝の関節包内運動

これは膝の屈曲時の関節包内運動のパターンになります。
ちなみに伸展時は終末伸展外旋により脛骨が外旋し、膝関節がクローズの状態になるため、この関節包内運動が起きることはありませんからね。

膝が屈曲していくと、膝関節が内外旋もおこすようになることは前回の記事の 
美脚理論16 ~知っておきたい膝関節のポイント~

で見ていきました。
実はそこが問題を引き起こす要素にもなっているのです。

上図にあるように、膝屈曲時に大腿骨に対し脛骨が内旋位にあれば、膝関節は前十字靭帯と後十字靭帯がクロスし、大腿骨と脛骨を引き付けあい、膝を安定位においてくれます。ただしあまり脛骨内旋位が強すぎると、やはり膝関節への圧がかかりすぎるため動きに支障をきたします。

中間位は、大腿骨と脛骨のニュートラルアライメントであり、もっとも可動性がよく、骨性の支持が十分になされるため膝にもっとも負担ないポジションだといえます。

気をつけるのが、大腿骨に対して脛骨が外旋位にあるときです。
これがいわゆる「ニーイントゥーアウト」の状態です。
どうなるかというと、前十字靭帯と後十字靭帯の結合がほどける動きになるため、大腿骨と脛骨は離解しやすい状態になるのです。
この離解しやすい状態で、膝が捻じれたまま大きな負荷がかかるとどうなるか?想像するのは簡単ですよね。

そう、これがニーイントゥーアウトがダメといわれる理由なのです。
いってみれば膝が「弛みの位置」にある状態なので、ちょっとした負荷でもケガをしやすいということなのです。
特にコンタクトスポーツや、ジャンプが多い競技で「ニーイントゥーアウト」で動いていたら、とても危ないことが理解できると思います。

ただし、これはスポーツシーンだけでなく、日常生活でもやはり同じように危険だといえます。
美脚理論14 ~脛骨外旋症候群~ でも見ましたが、日常的にこの脛骨外旋状態で生活している人がとても多くいます。

スポーツなどしていないから今は大丈夫であっても、加齢とともに筋力が落ちてきたときに、少しずつダメージを負ってきた膝関節が段々と痛みだしてくるのです。
こうやって見たとき、あなたの膝は大丈夫ですか?


実は美脚セミナーではいつも最初にいっているのですが、私の美脚メソッドはもともと膝の痛みで悩んでいる方に向けてつくったものだったのです。
だから、膝の痛みが何故起こるのか?という疑問から始まったプログラムだといえます。

その時に色々と文献を調べ、そしてこの膝関節の関節包内運動を知ってから、きちんとした運動ラインでのトレーニングを徹底して行うことが必要だと、本当の意味で理解したのを覚えています。
それまでも「膝は指先の方向にね~」といって、なんとなくやっていたのですが、真の意味を理解してからはその重要性に気付いているだけに、徹底的にこだわって指導するようになったものです。

しかし、そうやって徹底的にこだわりを持ち出すと、実はその膝の捻じれは、膝関節が問題でおこるのではなく、その他の様々な要因によって引き起こされることが多いのだと見抜けるようになってきたのです。

そして、本当の意味で膝の安定性を確保し、痛みを改善するためには、その部分へのアプローチがとても重要になるのです。

うーん、きっとここ気になりますよね?(笑) それってどこよ?ってね(-_-;)
答えは、「足部」になってくるのですが、これはまた少しずつ見ていくことにしましょうね!
なんせ小さい部位の癖に、とても複雑でかつあれほど巧妙につくられている部位もないですからね~
おかげでプログラムつくるのにとても大変な思いをしたものです(ーー;)

ではまた今度を楽しみにお待ちください^^

◆トレーナー向けセミナー日程

セミナー参加受付中!
『美脚をつくる最新コアエクササイズ』
『美脚ウォーキング』



関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック