理論編⑰ ~効果的なプログラム組み立て~

みなさん、こんにちは
『美姿勢』スペシャリストのさだです


今回のは、コンディショニングを考える上ではとても重要な内容です
よく考えながら読んでもらえると嬉しいです。


さて、
前回・前々回とで、
理論編15 ~低負荷課題でのインナーユニットの収縮保持~
理論編16 ~体重支持アウターユニットとインナーユニットとの機能統合~

に関してみてきました。

ここの部分がクリアできれば、
インナーユニットの収縮をキープしたまま、 四肢を動かし、
尚且つ姿勢変化に対して体幹を正しい状態で保つことが可能になっているはずです。


ココまで来ると、かなりのスタビライズ能力が身についており、
かなりの姿勢改善が進んでいく環境が整います。

もちろん、うまく動かせない箇所に対して、分離系のエクササイズを入れていく必要はあるのですが、
なんにしても、土台となる、「骨盤・腰椎部」の安定性を高めていくのが、まず一番に必要なのです。

効果的な順番

私の『美しい姿勢をつくる体幹コンディショニング』のテキストでも、
ここの部分は重要なポイントとして取り上げています。


「胸椎部の動きを先につけたい」
「腰部の動きが上手くでていない」
「股関節の柔軟性をあげたい」
「足首の動きが硬いから」

などといった理由から、その部位の柔軟性をあげることを先行してしまいがちです。

もちろん色々な原因によって、そういった症状が起きますので、
硬くなった部位の柔軟性をあげることが間違いとはいえません。
しかし身体の状況によっては、明らかなマイナスを生むことになります。


というのは、それらの原因が、体幹の不安定性からくることがとても多くあるからです。
特に腰椎は構造的にも弱い箇所であり、とても不安定になりやすい場所です。

骨盤・腰椎部が不安定になるから、結果、他の部位を固めて身体を安定させようとする。。
というのは脳科学的にみて、人間は重力に対して、どこかに支点をつくっている感覚がないと不安に思うからです。
だからこそ、感覚を感じ易い四肢に力をいれて、重力に対し身体を固定しようとするのです。

その結果、動きが少なくなるため、固めている四肢の部位が硬くなっていく。
こういった方に、体幹が安定して、重力を受け止める環境を造らないままに、
いきなり柔軟性をあげる内容からコンディショニングが始まったとしたら、
果たして効果がどのくらいでるでしょうか?

安定してない体幹をかばうために、また四肢を固定しておかねばならないから、
結果、しばらくするとまた硬くなってくる。。
の繰り返しになる気がしませんか?

まぁ、実際にそうなってしまい、
最終的に「効果がでない」と言われて、クライアントが逃げていくということになります。

そんなのクライアントにも悪いですし、自身も悔しい思いだけが残りますよね。。



そんな悪循環を避けるためにも、プラグラムの順番はとても重要なのです。

ここで私の経験的にも、
身体の本質から考えても、

コンディショニングにおいて、まず最初に取り掛かってほしいのが、
骨盤・腰椎部の安定性の獲得
という訳です。

骨盤・腰椎部が安定することで、下肢や上肢、また胸椎部の代償運動からくる症状がなくなります。
また、骨盤・腰椎が安定した状態で、上肢・下肢・胸郭を動かせるということは、
それらの分離を促すということにもなるのです。

なので、講習でもよく言うのですが、
『安定なくして分離なし』
ということです。


こうして、最初に骨盤・腰椎部の安定性の獲得ができればしめたものです!
ここからは選択です。
選択肢は2つあります。
股関節~下肢に向かうパターン : 下肢抗重力
胸郭~上肢へと向かうパターン
 : 胸郭分離 ⇒ 肩甲骨バランスアップ

どちらから先にいってもよいと思うのですが、
私は、股関節~下肢の安定性をつけることが多いです。

というのは、やはり身体の本質にしたがっていくと、
下肢の安定性の不足が、上肢を固める結果に繋がることが多いからです。


大きな地震のとき、スタスタと歩くことができる人はいないと思います。
手を床についたり、身体を踏ん張って安定した姿勢を取ろうとするはずです。

下肢抗重力筋が弱い場合は、これと同じような状態だと思ってください。
そういう理由で、下肢抗重力機能を高めることを優先して行っているのです。


下肢の抗重力機能が高まれば、上半身が楽に動かせるようになります。
この段にきて、胸郭の分離を行うエクササイズが入ってくることで、
とても効果的に胸郭が分離がされることになるのです。

胸郭が分離されて、整ってくると、今度は肩甲骨が動き易くなり、
肩甲帯の分離と安定が行えます。


というわけで、私のプログラム構築のパターンと、その理論背景を今回お伝えしたわけですが、
実際はクライアントにおいて、ある程度臨機応変に対応しています。

ただし、ベースのプログラムとして、上記のような考えで組んでいますので、
一つ参考にされてみてください^^



人気ブログランキングへワンクリックありがとうございます^^



関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック