ステップアップセミナー コア・スタビライゼーション

みなさん、こんにちは^^
コア系トレーナーのさだです。

6/13・14(土・日)に、JCCAステップアップセミナーが開催されました。
今回の内容は「骨盤・胸郭コンディショニング」と「コア・スタビライゼーション」

6/13(土)の講習では、わたしは「骨盤・胸郭コンディショニング」の中の前半を使い、グローバル姿勢分析を担当させて頂きました。

t-FILE0402.jpg

t-FILE0397.jpg t-FILE0389.jpg t-FILE0394.jpg


JCCAの求める、「再現性」・「安全性」・「簡便性」に沿った非常にわかりやすい内容の、姿勢評価法になっています。
今回は初めてのステップアップセミナーだったこともあり、色々と課題点も残ったのですが、受講生の方々の熱い想いでとても充実したセミナーになったと思います。

2日目は「コア・スタビライゼーション」
こちらでは、メインの講師として全時間を担当させていただきました。
t-FILE0460.jpg

t-FILE0467.jpg t-FILE0501.jpg t-FILE0487.jpg

「型」を教えるセミナーではなく、コアを安定させ、姿勢を保つ筋群を正しく協調させて使うための原理原則を伝えていく内容です。

「型」から入るのは簡単かもしれません。
しかし「コア・スタビライゼーション」は、インナーユニットを如何に正しく使えるか、を重要視します。

そのために必要なのは、腹横筋や多裂筋の触診技術、ニュートラルポジションの理解などになります。
触診の感覚も最初は全然わからないものだと思います。
しかしここは経験を積んでいけば誰でも正確に感覚を得ることができるものです。

ニュートラルポジションも慣れてくると、そこからの崩れがすぐにわかるようになってきます。
エクササイズの際にそこから崩れることがあれば、それを見つけることができれば、それはそのまま機能評価になってくるのです。
これも経験を積むことで理解が可能になってきます。

機能解剖の知識をしっかりと付けてみてください。
そして意識して現場で使ってみてください。
ものすごい効果がでるスキルを手に入れたことを実感していくと思います。

6時間の短い中では、伝えたいこと全てを伝えることができません。
しかし一番重要なポイントはお伝えできたと思います。
あとは皆さんがご自身で、磨き上げてみてください。

また各地で講習会は開催が予定されています。
今後お会いできる方もいっぱいいると思います。
できるだけ良いものをお伝えしていきますので、よろしくお願い致します。
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック