2・26BIR講習会

2/26(火) I.c.sにてBIR講習会を開催いたしました。

200802262050000.jpg   200802262034000.jpg   200802262039000.jpg


ちょうどこのBIR講習会の2日前にマスター講習会があったばかりです。
これからの「コア・コンディショニング」のコンセプトは「鉛直に立つ」です。

ベーシックセブンは、その基本となるエクササイズ。
骨格を整えていく 「リアライメント」 のカテゴリーに属します。

ベーシックセブンで骨格調整の効果がでるのかの概要を説明した後に、エクササイズの一つ一つのポイントを詳しくやっていきます。


今回は接骨院勤務の方がお一人で、その他は皆スポーツトレーナーさんです。
みなさんそれぞれのクラブでストレッチポールにはすでに触れており、短時間のレッスンをもっている方もいらっしゃいました。

それぞれのクラブで、ストレッチポールの指導を受けていたりするのですが、やはり使い方が少しことなるポイントがあるようです。

現在のベーシックセブンは「弛めるストレッチ」であり、「伸ばすストレッチ」では、ありません。
「伸ばすストレッチ」ももちろん効果的なものなのですが、ストレッチポールで行なうと、思った以上に身体にストレスをかけてしまう場合があります。
JCCAのベーシックセブンが「弛めるストレッチ」へと変わっていったのも、そういったリスクを軽減し、さらに身体を整えることができる手法に辿りついたからです。

もちろん「伸ばすストレッチ」のサポートツールとして使うのもいいと思います。
ただその時は、オーバーストレッチにならないように気をつけておこなってください。

そしてJCCAが推奨しているベーシックセブンが、どうして効果がでるのかの、その理論をしっかりと理解でしていただけると嬉しいですね。
理解できて初めて、クライアントさんに合わせたストレッチポールエクササイズが提供できるのかな、と思います。
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック