ADV講習会1日目

2/5(火) 当スタジオにて、JCCA認定ADV講習会を開催しました。

今回受講されたのは、トレーナーやカイロプラクターの方たちでした。
うちは毎回平日に開催ですし、定員8人までと少人数での講習会ですが、その分アットホームな感じでゆったりと講習ができているのではないでしょうか?

2人組みで練習するときも最大で4組ですから、目も行き届きます^^
今日もあれこれと質問が飛んできますが、その質問を全ての受講者が同時に共有できるのもメリットの一つでしょう。

初日はベーシックセブンとコアリラクゼーションを使ったリアライメントの方法を学びます。

BIRで習ったベーシックセブンではリセットしきれなかった部位をコアリラクゼーションで弛めていく過程。
どうしてリアライメントできるのか?の理論背景から、各実技でのポイントなどを詳しくやっていきます。

ADVでは現在リアライメントのための実技チャートがあります。
そのチャートに従ってエクササイズ選択をして進めていくだけでも、かなりのリアライメント効果があります。

しかし大事なのはそのチャートにおいて、アプローチしている部位をしっかりと理解すること!
どういう目的で、どこの部位にアプローチしているのかをしっかりと理解していないと、それは形だけのコンディショニングになってしまい、イレギュラーなケースに対応できなくなってしまいます。

まずはチャートの流れと、身体のどこにアプローチしているのかをしっかりと理解して、その後に適切なエクササイズを行うことが大切です。

そしてチャートに従ってしっかりと効果を出すためには、身体の状態を分析・評価できる能力が必要です。
本来、姿勢分析を正確に行うのはとても難しいことなのですが、ADVではこれを立位→床上背臥位→ポールon と段階にわけて歪みを分析していくので、誰でもかなりの精度で歪みを検出できるようになっています。

そう!ストレッチポールは、優れたエクササイズツールであると同時に、それ以上に優れた身体の評価ツールでもあるんですよね^^

まぁ姿勢分析に関しては、マスター講習を受ける際の必須ワークショップになっていますので、そこでさらに詳しく覚えていただければ、と思います。

さて来週は、スタビライゼーションのエクササイズをやっていくことになります。
ここではコアの筋肉を使う感覚をしっかりと身に付けていただくことが大切ですね。

呼吸やコアの使い方と、身体の内部感覚が大事になってきます。
一般のクライアントに伝えることが最も難しい分野ですが、そこがしっかりと説明できるように、受講者の方にしっかりと感じていただけるように、講習内容を練りこんでおきますね^^


BS blog Ranking
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック