関内ホール ADV講習会

7/3・4(火・水) 横浜関内ホールにてADV講習会を開催しました。

今回参加者は9人。
平日開催ということもあり、少人数での開催でしたが、皆真剣に講習を受けていました。

DSCI0119.jpg DSCI0121.jpg DSCI0118.jpg


今回の参加者は治療系の方が多く、ご自分の治療院をお持ちの方やスタジオの責任者の方などがほとんどでした。

そのせいか今回はするどい質問がバンバン飛んできます。
受講されている人のレベルが高いと必然と内容が濃くなってきます。

4月の講習内容の改定で、あまり難しいことせずに、誰でもコンディショニングに取り組める内容に変更されているのですが、これではあまり意味ないかもしれませんね~``r(^^;)ポリポリ

でも誰にでも理解できるように説明するのも講師の役目ですから、図を書いたりしながら、できうる限り分かりやすく説明させてもらいました。


初日は「リアライメント」。
骨格の配列を正して、理想的な姿勢に戻す手法を学んでいきます。

ADVにおいては、姿勢の分析を細かく行わないため、見るポイントを定め、その部分の歪みに対してチャートに従って進めていきます。

「姿勢の分析ができないのに、何かを行うのは危険だろ」と思われるかも知れませんが、そこはストレッチポールの良いところで、ほとんどリスクなく歪みを解消していくことが可能です。

また用意されているリアライメントチャートが優れものであり、消去法的な流れで、肩甲帯・骨盤帯・脊柱の歪みを効率的に整えていきます。

お二人ほど一般の方がいましたが、チャート通りに進めるだけで、かなり姿勢の改善がなされることにとても驚かれていたのが印象的です。


2日目はコアスタビリティー。
「リアライメント」された身体を安定さすための手法を学びます。
よい姿勢を保てるようにコアを強化・安定させ、身体の「軸」感覚を取り戻します。

やはり前後の感覚を確認してもらうため、最初にストレッチポールの上でバランスを保つ姿勢をとってもらいますが、皆ドタバタとポールから落ちています
(笑)

この後に、呼吸から軸回旋法、コアスタビリティートレーニングと進めて、再度バランス姿勢を行うと、あら不思議。みんなある程度安定して行うことができます。
うーん、でもやはり男性陣はあまり安定しませんね。アウターでかなり押さえ込んでいるのが見ていて分かります。

まぁ一日で完全にできることはないですから、少しずつコアの安定度を増していかねばならないでしょう。

今回も(必ず毎回質問がでるのですが)、呼吸の質問が出ました。
はい、むずかしいです(-_-;)
おそらくクライアントさんに指導するときに、一番難しいのが「呼吸」です。

呼吸は肺の圧を変えることで、吸ったり吐いたりする仕組みです。
そのためには横隔膜と肋骨の動きが重要になります。
ここの仕組みをしっかり理解して、クライアントさんを誘導してみてください。
時間はかかるかもしれませんが、必ずできるようになると思います。

でもその前に、受講生の皆さん、自分がしっかりとした呼吸ができるように訓練しておいてくださいね。 できているかどうか微妙~な人が多かったですよ~(笑)


なにはともあれ、2日間お疲れ様でした。
7/29の認定試験、受けられる人はがんばってくださいね。
落とす為の試験ではないので、しっかりと流れとその意味を理解しておいてください。
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック