RRR沖縄勉強会「The極 骨連鎖」骨盤編開催しました。

みなさま、こんにちは
骨格ラインから美しい身体をつくる
美姿勢・美脚スペシャリストのSadaです^^
 

11月26日・27日にかけて
RRRメンバー専用の勉強会を
沖縄にて開催いたしました。


今回の私の開催内容は
・The極 骨連鎖
 
メンバーには是非知っておいてもらいたい
骨盤の骨連鎖に関して
かなり深いところをお伝えしてきました。
 
骨連鎖


上の図だけでは
何がなんだか分からないと思いますが
今回お伝えした骨盤の骨連鎖を知ると
 
・固める
・切り離す
・繋げる
 
の本当の意味が理解できてきます。
  
 
骨盤を「固める」ことと
骨盤を他の部位と「繋げる」ことは
根本的に骨盤の動きが違います。

15183881_1273651292695775_709037510_o.jpg
 
※上の写真は、骨盤を「固めて」動いているのか「繋げて」動いているのかを触診で確認している清水トレーナー。
 
  
これらはよく「安定」の一言で
まとめて扱われていますが

本来は切り分けて
考えていくべきものであり

身体におよぼす効果は
全く違ったものになります。
 
 
骨連鎖は、関節の形が
構造的に決まっているため
物理的な法則に従って起こります。 
 

その点において
筋・筋膜連鎖ほど不明確なものではなく
確実に意識下においてコントロールが
可能なものとなっているのです。 
 
 
今回はメンバー向け勉強会でしたが
メンバーの皆様には
より深い部分を知ってもらいたく
かなり深い部分まで伝えました。
  
 
一般公開しているセミナーが
Level1だとすれば

メンバー専用の4daysがLevel2

そして今回の内容が
Level3的な内容となります。
 
 
PI・ASだけでなく
IN・EXがどう絡んでくるのか?

これらが複合して
おこっているケースにおいて、
仙骨の傾きと寛骨の位置関係が
かなり明確に評価できるように
なったと思います。
  
 
そして仙骨と寛骨の操作を通して
どのように正しい連鎖
正しいポジションへと改善させていくのか?
 
骨連鎖における
「順な動き」
「逆の動き」
の両エクササイズを通して
理解できたのではないでしょうか?
  
 
ついでにその動きに対する
重心の変化のさせ方など

骨連鎖の詳細をしることで
身体におきている問題点の評価が
かなり明確にできるようになってきます。
 
  
スパインツイスト一つ取ってみても、
普段やっているものと比べると
全く違った動きになり、かつ重心の移動が
どれが正しいパターンなのかがわかったと思います。
 
 
ちょっと頭の中の整理が必要だと思いますが、
これまでの謎だった部分が
かなり紐解けたのではないでしょうか?
 
 
また今後、各地で開催されていく勉強会では
この「The極 骨連鎖」シリーズを
開催していきたいと思います。
 


|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから


【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 

      
RRR・Craセミナーの日程は
下記リンクにてご確認ください。


  RRRホームページ 
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


CoreCradleRAcademyホームぺージ
http://core-cradle.com/