「完璧」を目指さないようにすること

@sadaのつぶやき
===============

「完璧」を目指さない。
 
世の中に氾濫しているビジネス書や啓蒙書をみると、
「理想」とするリーダー像や展開の広げ方、生き方などが書かれている。
 
 
それらに書かれている「理想」は、あくまでもその成功者個人の法則
 
それを実践したからといって、自分が成功できるとは限らない。
むしろ、大抵の場合、途中で辛くなって止めてしまい、自分を責めてしまう。
 
 
でも不安を解消するために、多く人はそれらの本を読み漁り、
結果としてすべてを網羅した「完璧」な人間を目指さないといけないと思い込む。
 
 
数値が苦手で、まとめるのが苦痛なのに、
『経営のためには数値を完璧に押さえておきましょう』
と書かれていると、それを実行しようとして疲れ果て、
 
 
人付き合いが苦手なのに、
『人に興味を持つことが成功の秘訣』
と書かれていると、頑張って人に会いにいこうする。
 
 
逆に人と付き合うのが好きなのに、
『経営の自動化のために仕組みを作ろう』
と書かれていると、仕組みを作ろうとして精神的に疲弊していく。
 
 
苦手分野に取り組むのがダメとは言わないけど、
生まれつき苦手なところは、たぶん続けることができない。
苦しいことを続けることって、人間できないから。
 
 
でも、自分が苦手とするところを得意とする人は必ずいる。
それなら、そういった人と組んで、仕事を進めていけばいいんじゃないかな?
 
 
自分が誰の役に立てるのか?
誰が自分のために役に立ってくれるのか?
 
そこを理解して関係をつくっていくのが、
本当の意味でのWIN-WINの構築なのではないだろうか?
 
 

|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから

【セミナー情報】
  ⇒セミナー日程一覧 

             
RRRセミナーの全日程は下記リンクにてご確認ください。
  RRR公式ホームページ 
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html