美脚理論17 ~膝屈曲時の関節包内運動~

みなさん、こんにちは
『美姿勢』スペシャリストのさだです

股関節から膝まで、だいぶん美脚をつくるためのポイントが出てきましたね!
ただし、美脚への道をクリアするためには、まだまだ細かな要素がいっぱいあります。

そこで今日は、膝の関節包内運動に関してみていきましょう^^

よく「ニーイントゥーアウト膝を壊すからダメ!!」と言われますが、それを解剖学的に説明できますか?
説明できないようであれば、ニーイントゥーアウトが何故膝に負担を与えるのかを今回の記事で覚えてみてください。

知っているよという方は、今回は読む必要はないですからね^^



さぁ、ニーイントゥーアウトが膝に負担を与えるのは周知の通り。
ではそれは何故なのか?

これはうちの美脚 テキストを見てもらえれば簡単に理解できると思います。

膝の関節包内運動

これは膝の屈曲時の関節包内運動のパターンになります。
ちなみに伸展時は終末伸展外旋により脛骨が外旋し、膝関節がクローズの状態になるため、この関節包内運動が起きることはありませんからね。

膝が屈曲していくと、膝関節が内外旋もおこすようになることは前回の記事の 
美脚理論16 ~知っておきたい膝関節のポイント~

で見ていきました。
実はそこが問題を引き起こす要素にもなっているのです。

上図にあるように、膝屈曲時に大腿骨に対し脛骨が内旋位にあれば、膝関節は前十字靭帯と後十字靭帯がクロスし、大腿骨と脛骨を引き付けあい、膝を安定位においてくれます。ただしあまり脛骨内旋位が強すぎると、やはり膝関節への圧がかかりすぎるため動きに支障をきたします。

中間位は、大腿骨と脛骨のニュートラルアライメントであり、もっとも可動性がよく、骨性の支持が十分になされるため膝にもっとも負担ないポジションだといえます。

気をつけるのが、大腿骨に対して脛骨が外旋位にあるときです。
これがいわゆる「ニーイントゥーアウト」の状態です。
どうなるかというと、前十字靭帯と後十字靭帯の結合がほどける動きになるため、大腿骨と脛骨は離解しやすい状態になるのです。
この離解しやすい状態で、膝が捻じれたまま大きな負荷がかかるとどうなるか?想像するのは簡単ですよね。

そう、これがニーイントゥーアウトがダメといわれる理由なのです。
いってみれば膝が「弛みの位置」にある状態なので、ちょっとした負荷でもケガをしやすいということなのです。
特にコンタクトスポーツや、ジャンプが多い競技で「ニーイントゥーアウト」で動いていたら、とても危ないことが理解できると思います。

ただし、これはスポーツシーンだけでなく、日常生活でもやはり同じように危険だといえます。
美脚理論14 ~脛骨外旋症候群~ でも見ましたが、日常的にこの脛骨外旋状態で生活している人がとても多くいます。

スポーツなどしていないから今は大丈夫であっても、加齢とともに筋力が落ちてきたときに、少しずつダメージを負ってきた膝関節が段々と痛みだしてくるのです。
こうやって見たとき、あなたの膝は大丈夫ですか?


実は美脚セミナーではいつも最初にいっているのですが、私の美脚メソッドはもともと膝の痛みで悩んでいる方に向けてつくったものだったのです。
だから、膝の痛みが何故起こるのか?という疑問から始まったプログラムだといえます。

その時に色々と文献を調べ、そしてこの膝関節の関節包内運動を知ってから、きちんとした運動ラインでのトレーニングを徹底して行うことが必要だと、本当の意味で理解したのを覚えています。
それまでも「膝は指先の方向にね~」といって、なんとなくやっていたのですが、真の意味を理解してからはその重要性に気付いているだけに、徹底的にこだわって指導するようになったものです。

しかし、そうやって徹底的にこだわりを持ち出すと、実はその膝の捻じれは、膝関節が問題でおこるのではなく、その他の様々な要因によって引き起こされることが多いのだと見抜けるようになってきたのです。

そして、本当の意味で膝の安定性を確保し、痛みを改善するためには、その部分へのアプローチがとても重要になるのです。

うーん、きっとここ気になりますよね?(笑) それってどこよ?ってね(-_-;)
答えは、「足部」になってくるのですが、これはまた少しずつ見ていくことにしましょうね!
なんせ小さい部位の癖に、とても複雑でかつあれほど巧妙につくられている部位もないですからね~
おかげでプログラムつくるのにとても大変な思いをしたものです(ーー;)

ではまた今度を楽しみにお待ちください^^

◆トレーナー向けセミナー日程

セミナー参加受付中!
『美脚をつくる最新コアエクササイズ』
『美脚ウォーキング』



9/17(土)~19(祝月) セミナー3連荘

みなさん、こんにちは
『美姿勢スペシャリスト』のさだです

・9/17(土)  『セッション効果を倍増させる体感誘導ワーク』&『デコルテ&美背中プログラム』
・9/18(日)  『美脚ウォーキング』
・9/19(祝月) 『運動機能障害症候群へのアプローチ』

セミナーを開催いたしました。

298827_215615301832718_100001527502118_585050_671470708_n.jpg
これは初日の『体感誘導ワーク』セミナーの開始前の状況ですね。
定員一杯だったため、ところせましとスペーシングしているところです。

ボディーマッピングなどにも触れながら、セッション効果を倍増させるためのスキルを身につけていきます。
この手法を取り入れると、とても短期間で身体に変化がおこせます。

姿勢改善・症状改善をコンセプトにしている人には必須のスキルだと思います^^


313751_215501528510762_100001527502118_584635_1089707861_n.jpg
2日目、美脚ウォーキング
これは人数が少ないながらも、ますますブラッシュアップされいい内容にしあがっているセミナーです。
各地からの要望も多く、今後とも定期開催していきますね^^

とにかく歩き方の分析を学び、どう修正したらいいのか?ということが明快になります。
分析のためにみる順番や、改善のためのエクササイズ指導など、パーソナル、グループに限らず応用できる内容になっています。


297917_216018401792408_100001527502118_586501_640054078_n.jpg
3日目、『運動機能障害症候群へのアプローチ』
当日キャンセルがあったため、2名分だけスペースに余裕がありました。

腰痛や股関節、肩関節の痛みに悩むクライアントさんはとても多いと思います。
その悩みを解消するために必要なスキルをお伝えするのがこのセミナーです。

ただ難点は、6時間で全部やるにはちょっと短すぎるという点ですね~(-_-;)
なので今後は3時間×3つの個別セミナーに分解して開催をしていきます。

わたしもこの理論でクライアントに対応してから、腰痛や股関節痛の改善がとても短期間でできるようになっています。
痛みを改善するためには、まずは原因のパターンをしることが必須ですからね!

このセミナーでは、なぜ痛みがおこるのか?の原因から改善アプローチの考え方、そして実践まで順をおって説明していってます!


今回は3日間通して多くの方に参加して頂き、本当に嬉しく思います。
今後ともさらにブラッシュアップしながら、より効果の高いものを提供できるように頑張っていきますね^^

あ、そうそう、
再受講は半額で受講可能ですから、もう一度復習したいなぁ~というときは是非ご利用くださいね!






美脚理論16 ~知っておきたい膝関節のポイント~

みなさん、こんにちは
『美姿勢』スペシャリストのさだです

ちょうど膝関節あたりに歪みを引き起こす原因などをみてきていますが、今回は膝関節を見るときに知っておきたい関節運動についてみていきたいと思います。

関節の動き方をしらないと、どう歪みが出て、何が原因かの分析ができないですからね!!

膝関節の運動額

膝は当然ですが、屈曲・伸展運動をメインにおこないます。
なのでそれに関してはここでは省きますね。

O脚やX脚、XO脚に関して知っておくべきポイントを押さえてほしいのですが、特に下記の3点をしっておいてもらいたいのです。
●膝関節屈曲位において、内旋10°、外旋20°の可動性を持つ
●膝蓋骨も歪みがあり、外側偏移する
●膝関節を伸展位にもっていくと、脛骨は約5°外旋する(終末伸展外旋)


なぜこれらが重要かというと、美脚理論14 ~脛骨外旋症候群~ でみたように、脛骨の捻じれがO脚やXO脚の原因になることが多いからです。
またエクササイズにおいて、「膝のお皿を真っ直ぐ向けて~」というキューイングなどもよく聞きますが、膝のお皿が外側に偏移していた場合、膝のお皿を真っ直ぐ向けても、膝関節は捻じれた状態である可能性が高いからです。

ちなみに膝のお皿を外側に引っ張る力は腸脛靭帯が発揮します。
これに対抗して膝のお皿を真ん中に保ってくれるのは内側広筋になります。
膝が痛い人には内側広筋を鍛えるのがスタンダードになっていますが、膝蓋骨のアライメントを整えるのにもとても重要な筋肉だというのがわかります。

(※腸脛靭帯は、前回の記事 美脚理論15 ~大腿筋膜張筋-腸脛靭帯の緊張~ でも取り上げましたが、本当に歪みを引き起こす原因になりやすい筋肉ですね(ーー;) )


なので美脚エクササイズにおいては、それらの点を見極めた上で、正しい運動パターンをお伝えし、正しく制御しているかを分析できる力を身につけてもらうことを大事にしています。

身体のゆがみが、正しくない運動パターンを原因とするならば、エクササイズにおいてそれを修正し、正しい運動パターンに改善していくことが、美脚への最短ルートといえます。

なので、トレーナーが、正しい運動パターンを見極めることができなければ、いくらクライアントが真面目にエクササイズに取り組んでも効果がでないという結果になってしまい、クライアントの信頼を裏切ることになってしまいます。


正しいエクササイズを指導するためにも、みなさん、必ず機能解剖の勉強は怠らないようにしてくださいね!



◆トレーナー向けセミナー日程

セミナー参加受付中!
『美脚をつくる最新コアエクササイズ』
『美脚ウォーキング』