理論編⑫ ~インナーユニットの機能異常5~

みなさん、こんにちは
『美しい姿勢』をつくるプロフェッショナルトレーナーのさだです

さて前回・前々回とインナーユニットの機能異常を引き起こす要素のうちの一つ
■「免荷」
■「損傷」
について見ていきました。

今回は最後の一つの要因に関して見ていきましょう

【インナーユニットに機能異常を引き起こす3つの要素】
■免荷(体重負荷の減少)
■損傷(関節損傷)
■疼痛

今日はこの中の
「疼痛」
に関して見ていきます。

「疼痛」とは、名前の通り、「痛み」のことです。
急性の疼痛もあれば慢性の疼痛もあります。

病院にいっても、原因がわからずに何十年と疼痛が続いている方も多くいます。
その為か「疼痛」の原因は特定しにくく、
生体力学的な面だけでは対処しきれないことも多く、
心理面からのアプローチを、含め様々な対応が取られています。



前々回に「免荷」を見てきました。
「免荷」の結果、インナーユニットが上手く働かなくなり、「疼痛」を引き起こしたりします。

しかし、逆に何らかの理由(例えば交通事故や筋力を超えた過負荷)により「疼痛」が起きたため、インナーユニットが抑制され、機能異常を起こすパターンも考えられるのです。


実際のケースにおいては、どちらもが原因となりえるのですが、身体に起こる反応は同じパターンとしてでてきます。
「インナーユニット」は抑制され、機能異常が引き起こされる
「アウターユニット」は機能亢進し、過緊張を引き起こし、コリや痛みの原因となる
ということです。



しかしながら何故「疼痛」が、インナーユニットの機能異常を引き起こすのか?
これに関しては様々な研究がされています。

まずは「疼痛」における
・脳領域の活動の変化
です。
「疼痛」が起きると、脳の前帯状皮質といわれる部分に変化がおこります。
ここは運動野および補足運動野へ直接影響を及ぼすため運動反応に問題がおきるとされています。

「疼痛」により、脳のこの部分が活性化することにより、インナーユニットの機能異常が引き起こされる可能性が考えられているのです。


・「疼痛」にともなうストレス
も原因とされます。
確かに、何かをするときに痛みを感じていたら、それはストレスになりますよね(-_-;)

実際に同じクライアントに対し、
・痛みを引き起こす運動課題
・痛みがない運動課題
を両方行なわせた場合、痛みを引き起こす運動課題においてはインナーユニットの働きが抑制されるようです。


・「痛み」に対する恐怖
も機能異常の原因の一因として多く研究されています。

確かに「痛み」が想像できるような動きはしたくないですよね(>_<)
この恐怖が他の筋を緊張させ、身体の使い方を変化させることにより、インナーユニットの機能異常がおきるのではないか?とされています。


・不正確な感覚入力
痛みにともない、感覚の鋭敏さが障害されることで、インナーユニットに機能異常が起こることが考えられています。
固有受容器における感覚入力の変化がおきることで、インナーユニットの機能が抑制されるという考えですね!



さて、まぁ色々と原因は考えられるのですが、
簡単に言うと、こんなパターンになっているのではないでしょうか?
■痛い ⇒ インナーユニットが効かなくなる ⇒ 脊柱が不安定になるから痛いまま ⇒インナーユニットやはり効かない ⇒ の無限ループ

■痛い記憶 ⇒ 恐怖による行動の変化 ⇒ インナーユニットが効かなくなる ⇒ 痛みがでる



まぁ、私達トレーナーは、運動を通してこの悪循環から抜け出すお手伝いをするしかないですからね^^
当然クライアントさんの心理面へのアプローチもできたほうがいいので、コーチングのテクニックなども学ばれることをお薦めします^^


人気ブログランキングへワンクリックありがとうございます^^






Sadaプロフィール

石井プロフィール用  美姿勢・美脚スペシャリスト
 石井完厚

 美姿勢・美脚スペシャリストチームRRR代表
 CoreCradle®Academy代表
  CoreStabilization・Specialist
 Podlogist
  ナショナル整体学院卒

横浜にてコンディショングサロンを経営。

・横浜「I.c.s第1サロン」は美姿勢・美脚専門のパーソナルサロン 
・横浜「I.c.s第2サロン」はトレーナー向け講習サロン 


通常時のセッションにおいては、筋肉のボリュームによる見た目だけのボディーメイクではなく、「骨格の並びから作り変える」美姿勢・美脚コンディショニングプログラムにより、クライアントの望むボディラインをつくるためのサポートをしている。

・2013~2015ミスユニバースジャパン日本大会ビューティーキャンプ講師
・2015ミスユニバースジャパン東京大会ビューティキャンプ講師
・2016ミスユニバースジャパン兵庫大会ビューティーキャンプ講師
・2016ミス日本酒東京大会オフィシャルトレーナー

としても活動しており、ファイナリストたちの『美』を磨くビューティーキャンプにて、『骨格ラインから美しい身体をつくる最新ボディーメイク』のトレーニングを提供している。


また美姿勢・美脚スペシャリストを養成するためのプロジェクトチーム『RRR アールスリー』を設立。
正しく効果的なボディーメイクプログラムを提供できるトレーナーの育成を目指し、全国で養成セミナーを開催している。

【型】だけでない、身体の本質に基づいたエクササイズプログラムを構築するスキルと知識をもったトレーナーを育成し、
一人でも多くの女性に、美しくしなやかに動けるボディーメイクプログラムを提供するための活動をしている。




HPリンク
    

HPリンク


◆Sadaのパーソナルセッション受付
 -セッション料金
 -ご予約・お問い合わせ


体幹13: スパイダー ~股関節の分離エクササイズ~

みなさん、こんにちは^^
「美しい姿勢」をつくるスペシャリストのさだです

久しぶりの体幹編になってしまいました。
四つばいのエクササイズの続きですね^^


特に今回のエクササイズ「スパイダー」は
股関節の可動域を増すのにとても最適なエクササイズとなっています。

股関節の硬さのために
その他のエクササイズが上手くできない場合によく行います。

まぁ、一応体幹編に入れてますが、
下肢抗重力編のエクササイズとしても該当しますので、
その点を感じながらエクササイズを実践してみてください。

結構きついものですが、しっかり行うことで必ず効果が感じられるので、継続して行ってくださいね^^


【スパイダー】
スパイダー 
■エクササイズ
①四つばいのポジションから右足を前に出し、約30度外旋
②左足を外転させ、つま先を立てて内旋位(つま先が恥骨方向を向く)で踏ん張ります。
③体軸(中心軸)をマット中央に合わせ、ずれないように体幹を安定させる。
④お尻を少し上げ下げして、股関節を分離させる。
⑤前足を後ろに戻し、足を開いた腕立て伏せポジションに。
⑥左足を前にだし、反対も行う。


■ポイント
このエクササイズはポジション的に、骨盤は後傾、腰椎は屈曲位となります。
ただし、コアの安定のためにインナーユニットの収縮はキープし続けてください。

前足は外旋30度くらいをキープし、足底の3点(拇指球、小指球、踵)をきちんと床に付けておきます。
※足底重心に関しては今後『美脚』のコーナーにて詳しく行っていきます。

後ろ足は伸展・外転・内旋位をとります。
つま先を立てて踏ん張り、つま先が恥骨方向に向くように調整しておきます。

point
ここで覚えてほしいことが、股関節を取り巻く靭帯に関してです。
股関節の靭帯には大きなものが3つあります。
腸骨大腿靭帯
坐骨大腿靭帯
恥骨大腿靭帯

これらの靭帯が硬くなったり、弛むことで、
股関節に可動域の制限がでたり、
大腿骨頭の前方すべりの原因になったりします。

なので股関節の状態をよく保つには靭帯が正しい状態であることが望ましいのです。

でも皆さん、靭帯を伸ばす方向性を知っていますか?
上の3つの靭帯くらいはある程度覚えておいたほうがよいですからね^^

えーと、ここで書こうかと思いましたが、是非皆さん、自分で調べてみてくださいね!


そういった点からみると、
今日の【スパイダー】のエクササイズは、上の3つの靭帯すべての線維にアプローチできるポジションなんですよ!

だからこそお勧めのエクササイズの一つと言えます


■アドバイス
股関節が硬いなどの理由により、きちんとポジションが保てない人が多いです。

特に
前足の膝が内にはいってしまう。
前足の足底がきちんと接地できない(外側重心で踏ん張ってしまう)
後ろ足が外旋して親指側で踏ん張ってしまう。
骨盤が中央に保てない
胸椎まで屈曲位になってしまう。(胸椎は伸展位でおこなう)

などの代償運動が起きてしまいます。


原因は細かくわければそれぞれ理由がつけれますが、
大きな原因としていえるのは、股関節の「安定性」と「分離性」が弱いからだと言えます。

このエクササイズでは、
体重を支持しつつ、
まわりの筋・靭帯などが伸ばされていきますので、
伸ばされているんだか、鍛えているのだか解らない感覚になります。

でも考えてみてくださいね。。

股関節は、通常の生活においても、
「身体を支えながら、でも動かなければならない」
関節だといえます。


ということは、 「柔軟性」だけつけてもダメなんですよね!
かならず「支える力」を付けてあげることが必要なんです!

この「支える」力が弱くなると、人間股関節を固めて使い出します。
他の部位で代償しちゃったりするんですよね。
そして弱くなっていくうちに、靭帯が緊張する姿勢をとり、靭帯によりすがった姿勢をとるようになります。
スウェイバック姿勢なんてその典型ですよね。

こうしてさらに股関節が硬くなっていく・・・

だからトレーナーの皆さんには、
股関節が硬くなる原因を考えずにストレッチだけすることは是非やめて ほしいのです。

「硬い」=ストレッチをすればよい

この安易な考えを捨てて、硬くなった原因をきちんと考えてのアプローチをするように気をつけてくださいね


ちなみにウチのサロンでは、
何をしたらよいかわからなかったらストレッチでなく、この「スパイダー」をやるように言っているくらいです。
(もちろん対象者によりますが・・・)


人気ブログランキングへ←ワンクリックありがとうございます^^

⇒体幹エクササイズ一覧へ

美脚理論3 ~脚の典型的な歪み~

みなさん、こんにちは

「美しい姿勢」をつくるプロフェッショナルトレーナーのさだです


さて今日は、「脚の歪みの典型パターン」について

とっても大雑把な分類をまずは覚えてみましょう^^

脚の歪み



皆さんも、脚の歪みとして
O脚
X脚
XO脚

の3つを本で見たり、聞いたりしていると思います。

ちょうど上の図がその典型的なパターンです。
いやいや、写真でみて、ドキッとする方もいるんじゃないでしょうか?
「私の脚みたい・・・・」


脚の歪みの分類は、もう少し細かく分けている人もいるのですが、
ほとんどのところでの分類が上の3つであり、
下記のポイントで分類されています。

【O脚の特徴】
内モモつかない
つかない
ふくらはぎつかない
内くるぶしつく

【X脚の特徴】
内モモつく
つく
ふくらはぎつかない
内くるぶしつかない

【XO脚】
内ももつく
つく
ふくらはぎつかない
内くるぶしつく

まぁ、とても大雑把な分類ですが、とりあえず一般の方でしたら、この分類を一つ参考にされてもよいと思います。
ただし、また今後書いていきますが、この分類に当てはまるとしても、
ひょっとしたら、O脚やX脚でない場合もあるので、きちんと判別したい場合は、一度当サロンに来てみてください^^


トレーナーの皆さんは、もう少し、細かいところをみて判断を下せるようにならないといけません。

ではどこを見ていくのか?
それには、下肢の解剖について詳しく知っていかねばなりません。

◆骨盤のニュートラル
◆股関節の構造
◆大腿骨のニュートラル
◆膝関節の構造
◆膝蓋骨のニュートラル
◆脛骨のニュートラル
◆足関節の構造
◆足関節のニュートラル
◆足底重心
などに関しての知識が必要です。

これらの知識がわかると、脚の歪みを正確に見抜く力が手に入ります。
それに関してはまた今後細かく見ていきますね!

今後の記事を楽しみにお待ちください

◆トレーナー向けセミナー日程

・セミナー参加受付中
『美脚をつ くる最新コアエクササイズ』


美脚理論2 ~美脚エクササイズで押さえるべきポイント~

みなさん、こんにちは^^
「美しい姿勢」をつくるプロフェッショナルトレーナーのさだです


今回は『美脚』をつくるエクササイズを指導する時のポイントを大まかに押さえていきましょう。
これはうちのサロンで使っている講習会用美脚テキストのP2です。

テキストP2 

当然セミナーですから、参加者に伝えたいポイントというのが存在します。
みるとちょうど3つ書いていますよね!

脚の歪みのパターンをしる
脚の構造をしる
エクササイズの実際


やはり、よく起こる歪みのパターンというのをしっておかないといけないですよね。
だって、パターンがわかればある程度セッションで行うべき方向性が決まりますからね!

でもですね、
きちんと聞いていくと、
多くのトレーナー・治療家さん達も、そこの分類がきちんとできていないのが実際です。
いや、脚の骨格を見れていない、といったほうがいいでしょうか?


これを見ているトレーナーの皆さんも、本当に脚の歪みの分類をきちんとできる自信がありますか?
ぱっと見だけで、「あ~、貴女はO脚ですね~」とか言ってないですか?
機能的なO脚なのか、構造的なO脚なのか?
それらが、どのくらいの割合でO脚が構成されているのかを判断していますか?


見るべきポイントを押さえていくと、この点に関しては大丈夫です。
きちんと歪みの判断ができるようになります。

といっても「脚の正しい骨格ライン」を知らないと、どう歪んでいるかの判断ができないですよね!
だからこそ、脚のニュートラルアライメントに関しての知識は絶対にお伝えしていくポイントにしています。



脚のニュートラルアライメントが理解でき、そしてそれを分析し、歪みの判定もできるようになったらしめたものです!
ここからは、美脚をつくるためのエクササイズに取り掛かればOKになります。

もちろんエクササイズに入るからには、
筋の機能解剖の知識などが非常に重要となりますし、
エクササイズにおけるOKCやCKCの使い分けが非常に重要になってきます。

「え~、機能解剖は苦手なんだよなぁ~(-_-;)」っていうトレーナーさん多いですよね(^_^;)
でも安心してください。
エクササイズ時の注意点は今後、こちらのブログでもドンドン情報を出していきますからね^^
少しずつ覚えて正確なエクササイズを誘導できるようにしていきましょう!

でも本来は動きをともなうものなので、
できればセミナーを受講して頂くか、
サロンにて個別にレッスンを受けてもらうのが一番です。

都合のあう方は是非講習に参加されてくださいね~
『美脚をつくる最新コアエクササイズ』講習会日程



次回は「脚の歪みの典型パターン」を見ていきますね!
ちょっとかなり大雑把な分類をしていますけどね(笑)
楽しみにしていてください^^

◆トレーナー向けセミナー日程

『美脚をつ くる最新コアエクササイズ』



人気ブログランキングへワンクリックありがとうございます^^


| NEXT≫