コア・スタビライゼーション

みなさん、こんにちは^^
コア系トレーナーのさだです。

今日はADV講習会2日目。
「コア・スタビライゼーション」を行い、身体の深部にある脊柱を保護する筋肉たちを促通させる方法を講習しました。

横隔膜・腹横筋・骨盤底筋・多裂筋からなるインナーユニットをしっかりと働かせるには、通常のトレーニングにはない注意点があります。

よくスポーツクラブでトレーニングしていると、「ドローインして、コアの筋肉にも効かして!」みたいなことを言っている場面に出会います。
確かにあながち間違っているというわけではないのですが、「お腹を引っ込める」というだけではインナーユニットを正しく働かせることは、まずできないのです。

コア・スタビライゼーションにおけるポイントの理解が世の中に進んでいくと、背骨・骨盤回りのトラブルは相当数減るのではないかと思うのですが、残念ながら正しいトレーニング法が広まっていってないのが現状です。

コア・スタビライゼーションを行なうためのポイントには以下の点があります。
----------------------------------------------------------
・関節安定性を高めるために深部筋の同時収縮を促す
・単一方向性の高強度トレーニングは避ける
・ゆっくりとしたCKCトレーニングが適している。
・力の制御よりも、関節の位置の制御に焦点を当てる(正確なポジション)
・不安定な環境でのトレーニング(同時収縮の促通効果)
・正確性・制御を要求するスローなトレーニング(神経-筋の制御感覚)
・関節中間位でのトレーニングを含む
・トレーニングは低負荷で行う。(最大随意収縮の30~40%)
・運動パターンを変化させて、全方向性でのトレーニング
----------------------------------------------------------

これらの注意ポイントもインナーユニットの機能や機能異常に関する知識を得てないと、なかなか理解しにくい点であり、またその為に正しいトレーニング法が広がっていないと言えるのではないでしょうか?

また世の中では「インナーマッスル」・「アウターマッスル」という言葉は一般的に広まっていますが、コアスタビライゼーションにおいてはもう少し細かく機能分類しています。
そういった点でいけば、現在世の中で「インナーマッスル」と言われ、皆さんがよく鍛えられているものは、コア・スタビライゼーションの観点からみると、そのほとんどが「アウターマッスル」に分類されてしまうと言えます。

簡単に書けばこんな感じです。
■インナーユニット : 全方向位に対して脊柱の位置を保つ力を発揮する筋肉
■単関節アウターユニット : 特定の動きに対して各関節の位置調整をし、動きに対して保護する。
■多関節アウターユニット : 主に力を発揮し身体を動かす。外力に対し力を発揮し身体にかかる負荷を押さえる。


コアのトレーニングにおいては、押さえておいてもらいたいポイントはまだまだ数多くあるのですが、どうも、書いているとキリがないですね(^_^;)

しかしまぁ、これらのコアの安定化の知識が普及し、トレーニングの現場に落ちていけば、多くの方がトラブルから解放されてよりトレーニングを楽しむことができるのではないかなぁと思います。
またそういったことを広めていくのが今後の課題とも言えますね。


ADV講習では、今日書いているような細かな点は内容に含まれていないため、呼吸などを含めて腹横筋を促通させる方法を学んでいきました。

本当は詳しく説明したいのですが、時間の関係とテキスト内容からはみ出すので、講習には含めることが出来ませんでした。
しかし今後は「コア・スタビライゼーション」が必須科目としてWS化されることになっていますので、またその時に詳しい内容をお話させて頂ければ嬉しく思います。

今後も皆様に正しいコアの知識をお伝えできればと思っておりますので、よろしくお願い致します。


ブログランキング登録中!
ブログランキングへ 人気ブログランキング
にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ健康ブログランキング

↑応援クリックありがとうございます↑

3/29(日)PHIピラティス ワークショップフェスティバル開催!

『PHIピラティスワークショップフェスティバル』

~Pilatesのエビデンスから実践までを考える~

日時:3月29 日(日)09:35~16:30 (09:15 ~ 受付開始)
    懇親会 17:30~ 池袋にて(詳細は後日ご連絡致します)
場所:東京リゾート&スポーツ専門学校4号館 (JR 池袋駅より徒歩10 分)

対象:①PHI ピラティスマットⅠ&Ⅱインストラクター
    ②他団体のピラティスインストラクター
    ③パーソナルトレーナー、フィットネスインストラクター、アスレティックトレーナー、医療従事者、学生など

定員:A-1 40 名 A-2 30 名 B-1 40 名 B-2 30 名
(お申し込みは先着順とさせて頂きます)

参加費:一般  1 日券 ¥12,600 1 コマのみ参加 ¥6,300
※ PHI ピラティスマットIR・学生 1日券 ¥8,400 1 コマのみ参加 ¥4,200

懇親会 セミナー参加者 3500 円 懇親会のみ 4000 円


CEU:PHI ピラティスマットⅠ&Ⅱインストラクターの方はCEU が発行されます
A-1、A-2、B-1、B-2 各1CEU を発行

■講師
桑原匠司: PHI Pilates Japan 代表、MS,ATC,NASM-PES,PMA-CPT

一色史章 :PHI Pilates マスター、総合リハビリテーション学会幹事、関西リハーパル代表、2009 年 日本理学療法士免許取得予定

AYA :PHI Pilates マスター、A-ヨガ養成アシスタントインストラクター、専門学校非常勤講師、K-FIT スタジオアドバイザー

小林俊夫: PHI Pilates マスター、日本コアコンディショニング協会MT/ADV 講師、NESTA-PFT、NI-SAQ レベル1、スタビライゼーションインストラクター、

お申し込み開始日:3月2日(月)より開始
お申し込み先:3 月1日(日)までに下記のPHI ピラティスジャパンのブログより発表
http://ameblo.jp/phipilatesjapan

ご連絡先:何か質問などございましたら下記にご連絡下さいませ^^
PHI ピラティスマスタートレーナー 小林俊夫 tenpa0709@yahoo.co.jp


A-1 PHI PILATES と運動連鎖 講師:一色-MT
~医学的エビデンスを考える~

「なぜ、PHI ピラティスは効果的なのか?なぜ、トレーナー業界のみならず医療業界で話
題にあがるのか?このなぞを100%証明できるものは残念ながら、存在しません。

この証明は私たちインストラクターの課せられたものでもあり、今後の重要課題です。
そこで、現在考えることができる医学的エビデンスを運動連鎖の観点をふまえ、解説する。

また、解剖学の理解が不十分な方のために機能解剖学まで掘り下げて解説する。今後、
インストラクターの皆様がPHIピラティスのエビデンスを探索するためのヒントとなれ
ば幸いです。」

B-1 PHI Pilates×ストレッチポール 講師:小林-MT
~ストレッチポールを活用し、効率よくアライメントを整える方法~

実際の現場において、選手やクライアントの指導の際にニュートラルポジションを
とるのに苦労をしたことはありませんか?そんな時、皆さんはどうしますか?

ペアストレッチやモビリゼーション、マッサージ、色々な方法が考えられると思い
ますが、今回は誰もが簡単に行え、再現性の高いストレッチポールを活用し、

PHI ピラティスとストレッチポールを組み合わせることで、効率よくアライメントを整える
方法をお伝えします。本当は内緒にしておきたいのですが、PHI 発展の為に大放出致
します♪

A-2 「PHI Pilates for Golf」 講師:桑原-MT

プロゴルファーもクライアントに持っている桑原がお送りする、ゴルファーを指導してい
るレッスンプロ、コンディショニングコーチ、トレーナー、そして治療家のためのゴルフ
ピラティス。

PGA も認めたゴルファーに効果があるピラティスを機能解剖学的、コンディ
ショニング的、そして傷害予防的に解明し、エクササイズも紹介する。

桑原からのコメント「現在、ピラティスはプロゴルフ界でトレンドになりつつあります。
即効性があるパフォーマンス向上ツールであるPHI ピラティスメソッドを是非この機会に
知っていただきたいと思います」

B-2 スタジオレッスンにおけるPHIピラティスの実際 講師:AYA-MT

PHIはパーソナル、セミプライベートが理想ですが、多人数に対しての指導を
求められる事も多いのが現実です。そこで受講者に高い集中力と意欲を感じさせる
ことがカギになります。

グループレッスンを成功に導くテクニックと共にPHIのグループレッスンを体験してください。

AB-3 Q&A パネルディスカッション

PHI Pilates マスタートレーナーをパネラーに迎え、受講者の皆様が日々の現場で
抱えている疑問や悩みなどをQ&A 形式やディスカッション形式で解決していきたい
と思います。

皆様のご参加を心よりお待ちしております!!

ブログランキング登録中!
ブログランキングへ 人気ブログランキング
にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ健康ブログランキング

↑応援クリックありがとうございます↑

マスター講習2日目

みなさん、こんにちは^^
コア系トレーナーのさだです。

本日はマスター講習の2日目。
復習から始まり、あるクライアント像に対するコーディーネーショントレーニングのディスカッション。
そして、学科試験が行なわれました。

今日はお手伝いとしては、それほどすることは無かったのですが、受講生の方々の熱さは昨日と変わりませんでした!
学科試験がある分だけ、少し顔が引きつっていた方が多かったかもしれませんね(^_^;)

学科試験に合格すれば、実技試験に進むことになります。
是非皆様が合格されていることを願います。
実技試験のほうがとても大変な時間を過ごすことになると思いますが、この時間がとても実力をつけてくれる時間となります。

様々な疑問が出てくると思いますが、そういう時は、JCCA本部や各講師に気軽に質問を投げかけてみてくださいね^^
もちろん人の身体は十人十色で、「答え」というものは明確にはないのですが、考える方向性みたいなものが返答として帰ってくると思います。


本日、講習を担当された講師の皆様、大変お疲れ様でした。
そして裏方として講習会の運営をしてくれたJCCA事務局の皆様、大変お疲れ様でした。
そして受講生の皆様、2日間緊張した中での講習、大変お疲れ様でした。
今日はゆっくりと休まれてくださいね^^


また今回の講習会に参加したことにより、お店のほうを臨時休業にさせて頂きました。
サロン利用の皆様には大変ご迷惑お掛けしたことをお詫び申し上げます。
明日より通常の営業に戻ります。
ご予約のほう楽しみにお待ちしております。



参加者募集中!
マスター受講生は要注目!
臨床実習において必要な知識と技術が手にはいる6時間です!


■姿勢分析(グローバルな変位の評価)
【内容】
身体を「頭部」・「胸部」・「骨盤部」・「足部」にわけて、立位時における相互関係から、緊張・短縮筋、弛緩・弱化筋を評価していく方法を勉強します。(グローバルな変位の分析)
またその過程で身体の歪みの原因が「胸部」にあるのか、「骨盤部」にあるのか、それとも「足部」にあるのかの見分け方を、座位・仰臥位との比較を通して予測を立てる方法を学びます。

日時 : 4月5日(日)
場所 : コンディショニングサロンI.c.s 第2サロン
費用 : ¥6,300
時間 : 10:00~13:00
講師 : I.c.s代表 石井完厚


■スタビライゼーションテクニック
【内容】
コアを正しく使い、体幹を安定させるエクササイズを学びます。
体幹の安定に必要なコアの知識と各部位のポジショニングなど、現場において知っておかねばならないポイントを実技を通して覚えていきます。

日時 : 4月5日(日)
場所 : コンディショニングサロンI.c.s 第2サロン
費用 : ¥6,300
時間 : 14:00~17:00
講師 : I.c.s代表 石井完厚


参加ご希望の方は、当サロンのHPよりお申し込みいただくか、下記項目を記載の上、メールにて「4/5参加希望」と書いてお申し込みください。

【 名 前 】:
【 ふりがな 】:
【 メールアドレス 】:
【 年 齢 】:
【 性 別 】:
【 職 業 】:
【 住 所 】:
【 TEL 】:
【 携帯電話 】:
【参加希望講習会】:

コンディショニングサロン I.c.s 石井完厚
http://ccsics.blog74.fc2.com/
ccsics@ybb.ne.jp
TEL:045-261-1350


ブログランキング登録中!
ブログランキングへ 人気ブログランキング
にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ健康ブログランキング

↑応援クリックありがとうございます↑

熱いぞ!マスター講習会!!

みなさん、こんにちは^^
コア系トレーナーのさだです。

14・15日、本日と明日の両日にわたりJCCA認定マスタートレーナー講習が開催されています。
わたくしも、お手伝いとして参加させて頂いてますが、受講生の方の熱気に押されっぱなしですね^^

本日は発育発達に基づいたコーディネーションとレーニングについて実技を通して理解を深めていきました。
エクササイズ自体はそんなに数が多いものでなく、クライアントの身体に応じたプログラムの組み方に関しての基礎知識をつけるといった内容になっています。

といっても、おそらく受講生の皆様は明日筋肉痛になっていると思いますが。。


JCCAでは形を追うだけのエクササイズは一切しないようにしています。
そのエクササイズの本質がどこにあるのか?を発育発達の過程にそって系統だってプログラミングする技術・知識を提供しているのです。

もちろんエクササイズ自体の型は大事なので、その点はポイントを押さえていますが、エクササイズが安定性をもとめるものなのか?分離性を求めるものなのか?それとも全身の協調性を求めるものなのか?をしっかりと理論だてて理解してもらうようになっています。

まぁ今日だけで理解することは無理なので、今後時間をかけて、自分で消化してもらう必要があるのですが、おそらく今までやってきたトレーニングプログラムの組み方とは全く違う考え方ができるようになるのではないでしょうか?

明日は筆記試験もあります。
明日も皆様がんばってくださいね^^



参加者募集中!
マスター受講生は要注目!
臨床実習において必要な知識と技術が手にはいる6時間です!


■姿勢分析(グローバルな変位の評価)
【内容】
身体を「頭部」・「胸部」・「骨盤部」・「足部」にわけて、立位時における相互関係から、緊張・短縮筋、弛緩・弱化筋を評価していく方法を勉強します。(グローバルな変位の分析)
またその過程で身体の歪みの原因が「胸部」にあるのか、「骨盤部」にあるのか、それとも「足部」にあるのかの見分け方を、座位・仰臥位との比較を通して予測を立てる方法を学びます。

日時 : 4月5日(日)
場所 : コンディショニングサロンI.c.s 第2サロン
費用 : ¥6,300
時間 : 10:00~13:00
講師 : I.c.s代表 石井完厚


■スタビライゼーションテクニック
【内容】
コアを正しく使い、体幹を安定させるエクササイズを学びます。
体幹の安定に必要なコアの知識と各部位のポジショニングなど、現場において知っておかねばならないポイントを実技を通して覚えていきます。

日時 : 4月5日(日)
場所 : コンディショニングサロンI.c.s 第2サロン
費用 : ¥6,300
時間 : 14:00~17:00
講師 : I.c.s代表 石井完厚


参加ご希望の方は、当サロンのHPよりお申し込みいただくか、下記項目を記載の上、メールにて「4/5参加希望」と書いてお申し込みください。

【 名 前 】:
【 ふりがな 】:
【 メールアドレス 】:
【 年 齢 】:
【 性 別 】:
【 職 業 】:
【 住 所 】:
【 TEL 】:
【 携帯電話 】:
【参加希望講習会】:

コンディショニングサロン I.c.s 石井完厚
http://ccsics.blog74.fc2.com/
ccsics@ybb.ne.jp
TEL:045-261-1350


ブログランキング登録中!
ブログランキングへ 人気ブログランキング
にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ健康ブログランキング

↑応援クリックありがとうございます↑

BIR講習会&ストレッチポールMX

みなさん、こんにちは^^
コア系トレーナーのさだです。

2/8(日) 当方の第2サロンにおいてJCCA認定BIR講習会を開催しました。
たまには大きな写真にしておきます(^.^)

s-FILE0003.jpg
今回は奇数だったので、ペアを組むと一人余ります。
3人組のチームで最後の人が全員に対してのセルフモニタリングの誘導しました。
皆さん、真剣に自分の身体と向き合っています。

s-FILE0149.jpg
やはりペアを組んでベーシックセブンの誘導です。
トレーナー役・クライアント役に分かれてのトレーニングですが、クライアント役も自分の身体と向きあいながらの練習です。
途中、突然にテキストを探す風景がアチコチで。。。。注意点を見直しながら実践です^^
ああ、でも緊張が起こるから途中で頭あげないでほしいです``r(^^;)
まぁ練習中ですからね、あまり細かいことは言わずOKです。



そう、そして下の写真が今話題?のストレッチポールMX!
となりの通常サイズのポールと比べると直径が小さいのが分かると思います。

これが中々の高性能!
今まで小柄だからということでハーフカットを使っていた人にもピッタリです。
中のクッションも柔らかく、フルポールのEXよりも寝た感じが少し柔らかめになっています。
でも内部には芯があるから、歪んだりはしないので、十分に中心感覚を得ることが可能です。
s-FILE0148.jpg
私も何度も寝て見ましたが、非常に小回りがきくポールといった感じでしょうか?
私の身長も160cmと小柄なほうですから、MXのサイズは結構ちょうどいいと感じました

今後はEXとともに結構利用されるポールになりそうです。
・・もっともウチはいまでもV(通称 緑ポール)を使っているのですが``r(^^;)



参加者募集中!
マスター受講生は要注目!
臨床実習において必要な知識と技術が手にはいる6時間です!


■姿勢分析(グローバルな変位の評価)
【内容】
身体を「頭部」・「胸部」・「骨盤部」・「足部」にわけて、立位時における相互関係から、緊張・短縮筋、弛緩・弱化筋を評価していく方法を勉強します。(グローバルな変位の分析)
またその過程で身体の歪みの原因が「胸部」にあるのか、「骨盤部」にあるのか、それとも「足部」にあるのかの見分け方を、座位・仰臥位との比較を通して予測を立てる方法を学びます。

日時 : 4月5日(日)
場所 : コンディショニングサロンI.c.s 第2サロン
費用 : ¥6,300
時間 : 10:00~13:00
講師 : I.c.s代表 石井完厚


■スタビライゼーションテクニック
【内容】
コアを正しく使い、体幹を安定させるエクササイズを学びます。
体幹の安定に必要なコアの知識と各部位のポジショニングなど、現場において知っておかねばならないポイントを実技を通して覚えていきます。

日時 : 4月5日(日)
場所 : コンディショニングサロンI.c.s 第2サロン
費用 : ¥6,300
時間 : 14:00~17:00
講師 : I.c.s代表 石井完厚


参加ご希望の方は、当サロンのHPよりお申し込みいただくか、下記項目を記載の上、メールにて「4/5参加希望」と書いてお申し込みください。

【 名 前 】:
【 ふりがな 】:
【 メールアドレス 】:
【 年 齢 】:
【 性 別 】:
【 職 業 】:
【 住 所 】:
【 TEL 】:
【 携帯電話 】:
【参加希望講習会】:

コンディショニングサロン I.c.s 石井完厚
http://ccsics.blog74.fc2.com/
ccsics@ybb.ne.jp
TEL:045-261-1350


ブログランキング登録中!
ブログランキングへ 人気ブログランキング
にほんブログ村 健康ブログ ヨガ・ピラティスへ健康ブログランキング

↑応援クリックありがとうございます↑

| NEXT≫