【腰痛×コアクレードル 其の4】胸郭の可動性を引き出す #4

みなさん、こんにちは

骨格ラインから美しい身体をつくる
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaです^^
 
 
腰痛を改善するためのポイントとして
前回の続きとなります。
 


今日の一発撮りワンポイントアドバイス
引き続き腰痛に関して( ゚Д゚)カオデカイナ
============================
■腰痛改善のポイント其の4
 股関節の可動性を高める
============================
 
腰痛の原因の一つが
・股関節の可動性低下
   
股関節は、身体を支えつつ、
大きく動けないといけない関節ですが
普段から動かしていないと
すぐに可動性が低下しやすい関節でもあります。
  
胸郭と同じく
股関節の可動性が低下した状態で動作をすると
股関節の代わりに腰部が過剰に動いてしまい
腰部の関節や周辺の軟部組織にかかる負担が増加してしまいます。
  

骨盤・腰椎部のインナーマッスルによる
関節制御機能が勝っているうちは大丈夫ですが
それを越える負荷になってくると関節制御ができなくなり
骨盤・腰部の周辺組織に炎症が起きて、腰痛として現れます。
  

という訳で
◆股関節の可動性を引き出す
ことは腰痛改善の一つのポイントとなっています。
   

ただし股関節は、
股関節インナーマッスルの機能低下により
動作時に関節中心軸がずれやすくなっており

その結果として、可動域低下を起こしているケースも多いので
まずは関節中心軸の制御ができるように
安定性を高めていくのが安全だと言えます。
 

関節安定性の問題がないケースでは、
そのまま可動性をあげるエクササイズをおこなっていきます。
 

https://www.youtube.com/watch?v=JfNWpGo70Us
  
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
CoreCradleAcademy公式セミナー日程
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆CoreCradle ベーシックセミナー
・2017-02-19(日) 大分 10:00~
・2017-02-25(土) 新潟 13:00~
・2017-03-24(金) 横浜 19:00~
・2017-04-16(日) 横浜 11:00~ 
   
◆CoreCradle エクササイズ編①②
・2017-02-19(日) 横浜  11:00~ 
・2017-05-06(土) 横浜  11:00~
・2017-06-05(日) 大分  11:00~  
  
◆Lips-SC- ベーシックセミナー
・2017-02-17(金) 横浜  19:00~
・2017-02-25(土) 新潟  15:30~
・2017-04-16(日) 横浜  14:00~  
 
◆Lips-SC-エクササイズ編①②
・2017-02-04(土) 横浜 11:00~
・2017-05-07(日) 横浜 11:00~  
 
◆CoreCradle 理論編①②
・2017-02-26(日) 横浜 13:00~
 
◆ちょいサポ®使い方セミナー
・2017-02-18(土) 横浜 13:00~
・2017-03-05(日) 横浜 13:00~
   
  
各地の開催のご依頼も受け付けています。
HPよりご連絡ください。
   
 
■詳細は下記HPにてご覧ください
⇒http://core-cradle.com/seminar/pg81.html
 
 
|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから


【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 

      
RRR・Craセミナーの日程は
下記リンクにてご確認ください。


  RRRホームページ 
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


CoreCradleRAcademyホームぺージ
http://core-cradle.com/



【腰痛改善×コアクレードル 其の3】胸郭の可動性を高める #3

みなさん、こんにちは
 
骨格ラインから美しい身体をつくる
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaです^^
 
腰痛に関してお伝えしていってますが
今回もその続きになります


今日の一発撮りワンポイントアドバイス
引き続き腰痛に関して(゜ロ゜)テヲブツケチャッタ
==========================
■腰痛改善のポイント其の3
 胸郭の可動性を高める
==========================
 
腰痛の原因の一つが
・胸郭の可動性低下
  
胸郭は構造的に固くなりやすい関節のため
可動性が低下しやすくなっています。
  
胸郭の可動性が低下した状態で動作をすると
胸郭の代わりに腰部が過剰に動いてしまい
腰部の関節や周辺の軟部組織にかかる負担が増加してしまいます。
  
骨盤・腰椎部のインナーマッスルによる
関節制御機能が勝っているうちは大丈夫ですが
それを越える負荷になってくると関節制御ができなくなり
周辺組織に炎症が起きて、腰痛として現れます。
  
という訳で
◆胸郭の可動性を引き出す
ことは腰痛改善の一つのポイントとなっています。
   
 
※複雑になるといけないので、普段のセミナーでもあまり言いませんが、胸郭の内部にも「弛みやすい部位」が存在します。
そのため胸郭の関節安定性も高めつつ、可動性を引き出していくのが重要となります。この部分に関してはまたいつかお話していきたいと思います。


https://www.youtube.com/watch?v=d_SkWR7Blgo

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
CoreCradleAcademy公式セミナー日程
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆CoreCradle ベーシックセミナー
・2017-02-19(日) 大分 10:00~
・2017-02-25(土) 新潟 13:00~
・2017-03-24(金) 横浜 19:00~
・2017-04-16(日) 横浜 11:00~ 
   
◆CoreCradle エクササイズ編①②
・2017-02-19(日) 横浜  11:00~ 
・2017-05-06(土) 横浜  11:00~
・2017-06-05(日) 大分  11:00~  
  
◆Lips-SC- ベーシックセミナー
・2017-02-17(金) 横浜  19:00~
・2017-02-25(土) 新潟  15:30~
・2017-04-16(日) 横浜  14:00~  
 
◆Lips-SC-エクササイズ編①②
・2017-02-04(土) 横浜 11:00~
・2017-05-07(日) 横浜 11:00~  
 
◆CoreCradle 理論編①②
・2017-02-26(日) 横浜 13:00~
 
◆ちょいサポ®使い方セミナー
・2017-02-18(土) 横浜 13:00~
・2017-03-05(日) 横浜 13:00~
   
  
各地の開催のご依頼も受け付けています。
HPよりご連絡ください。
   
 
■詳細は下記HPにてご覧ください
http://core-cradle.com/seminar/pg81.html


|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから


【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 

      
RRR・Craセミナーの日程は
下記リンクにてご確認ください。


  RRRホームページ 
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


CoreCradleRAcademyホームぺージ
http://core-cradle.com/





【腰痛改善×コアクレードル 其の2】うつ伏せでの腰部スタビリティー #2

 みなさん、こんにちは
 
骨格ラインから美しい身体をつくる
美姿勢・美脚スペシャリスト@sadaです^^
 

さて前回に引き続き、腰痛に関して
現場で参考になる情報を
お伝えしたいと思います。
 
 
今日の一発撮りワンポイントアドバイス
引き続き腰痛に関して

============================
■腰痛改善のポイント其の2
 うつ伏せでの腰部スタビリティー
============================

腰痛改善に腰部多裂筋の機能改善が大事。
というのは各種データからも
明確になりつつありますが

実際に多裂筋を正しく鍛えるのが
現場では難しいのが実際です。
   
 
前回ご紹介した仰向けのエクササイズ。
CoreCradle®を使うと、無意識でもやっても、
かなり簡単に多裂筋の収縮が起きてくれます。
 
   
しかし多くの現場においては
まだCoreCradleはないでしょうから

通常のマット運動だと
・仰向けで多裂筋を入れるのはかなり難しい
のが実際です。
※迷路反射による神経系の抑制やその他。
  
 
なので、神経系の反射も有効活用して
多裂筋が活性化しやすい、
うつ伏せでのエクササイズを
最初にいれていくのも腰痛改善の際は有効です。 
※過剰な腰椎伸展が起きないように注意は必要です。


https://www.youtube.com/watch?v=0moH5Cp_zcA&feature=youtu.be
 
ただし腰部多裂筋は、通常
「全方向性で働かないといけない筋肉」なので
うつ伏せだけで鍛えてもダメで、
仰向けや横向きや立位など
あらゆる姿勢で使えるようにならないとダメです。
 

なので、これはあくまでも
「最初の活性化として有効」
という感じで覚えておいてくださいね。 
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
CoreCradleAcademy公式セミナー日程
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆CoreCradle ベーシックセミナー
・2017-02-19(日) 大分 10:00~
・2017-02-25(土) 新潟 13:00~
・2017-03-24(金) 横浜 19:00~
・2017-04-16(日) 横浜 11:00~ 
   
◆CoreCradle エクササイズ編①②
・2017-02-19(日) 横浜  11:00~ 
・2017-05-06(土) 横浜  11:00~
・2017-06-05(日) 大分  11:00~  
  
◆Lips-SC- ベーシックセミナー
・2017-02-17(金) 横浜  19:00~
・2017-02-25(土) 新潟  15:30~
・2017-04-16(日) 横浜  14:00~  
 
◆Lips-SC-エクササイズ編①②
・2017-02-04(土) 横浜 11:00~
・2017-05-07(日) 横浜 11:00~  
 
◆CoreCradle 理論編①②
・2017-02-26(日) 横浜 13:00~
 
◆ちょいサポ®使い方セミナー
・2017-02-18(土) 横浜 13:00~
・2017-03-05(日) 横浜 13:00~
   
  
各地の開催のご依頼も受け付けています。
HPよりご連絡ください。
   
 
■詳細は下記HPにてご覧ください
⇒http://core-cradle.com/seminar/pg81.html


|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから


【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 

      
RRR・Craセミナーの日程は
下記リンクにてご確認ください。


  RRRホームページ 
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


CoreCradleRAcademyホームぺージ
http://core-cradle.com/

【腰痛改善×コアクレードル 其の1】腰部スタビリティーを高める #1

腰痛写真1 
みなさん、こんにちは
 
骨格ラインから美しい身体をつくる
美姿勢・美脚スペシャリスト@sadaです
 
 
コアクレードルは、そのコンセプトとして
骨盤を整え、正しい位置に安定させる
ために作られたツールです。
 
それため、コアクレードルを使うと
かなり簡単に腰痛が改善していきます。
 

でも何故腰痛が治るのか?
 

そこを根本的に理解するには
腰痛が起こる原因を
知っておく必要があります。
 
 
腰痛が起きる仕組みが解かれば
ツールがなくても
効果的なアプローチができるように
なっていきます。


という訳で、
腰痛やその他の症状に関して
今後、動画にてポイントをお伝え
していきたいと思います。
 

さて本日お伝えするワンポイントは
===========================
■腰痛改善のポイント其の1
 腰部スタビリティーを高める
===========================

腰痛の原因の一つとして
・腰部多裂筋の機能低下による骨盤・腰椎の関節不安定性
が挙げられます。
 
関節安定性が低下すると
動作時に関節面にズレが生じてしまい
周辺の軟部組織の損傷が起きやすい状態となります。
 
これを防ぐために、腰部多裂筋を活性化するのが
腰痛改善のポイントの一つとなります。


https://www.youtube.com/watch?v=_8AkBCbbbYE
 

■コアクレードルのセミナー日程・詳細は下記HPにてご覧ください
http://core-cradle.com/seminar/pg81.html


|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから


【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 

      
RRR・Craセミナーの日程は
下記リンクにてご確認ください。


  RRRホームページ 
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


CoreCradleRAcademyホームぺージ
http://core-cradle.com/



骨盤の歪みと腰痛の関係

みなさま、こんにちは
骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚スペシャリスト』のSadaです^^

腰痛に関して見て来ました。

腰痛を改善するポイントとしては、
-------------------------------------------------------------------
・インナーマッスルを活性化し、しっかりと関節制御する
・胸郭や股関節の可動性を出し、腰部での代償をなくす
-------------------------------------------------------------------
というところでした。


ただもう一つポイントがあり
------------------------------------------------------------
・骨盤の歪み改善
------------------------------------------------------------
が挙げられます。


骨盤自体は動作時に捻じれながら動きます。
なので捻じれること自体は問題ではないのです。

問題がおこるのは「骨盤が捻じれた状態で固まった」状態になった時なのです。

捻じれたまま固まることで、骨盤・腰部の組織に持続的なストレスを与え、微小炎症などを引き起こし、腰痛の原因となってしますのです。

ではなぜ骨盤が捻じれたまま固まるのか?
ここを考えていくと2つの要素が出てきます。
=================================
◆仙腸関節が固くなり、ズレたままロックされた
◆仙腸関節が緩くなり、関節が支持できずズレる
=================================

どちらが原因であれ、歪んだ状態が長く続くと、組織にストレスを与えてしまうため、できるだけ改善していくことが重要となります。


対応としては、
-----------------------------------------------------------
・仙腸関節の可動性を引き出す
・仙腸関節をインナーマッスルで安定させる
-----------------------------------------------------------
の2点を意識することが大事となります。

この2点を意識して、プログラムを組むと非常に効果が出てきます。
是非現場でやってみてください!

12535445_xl.jpg 

====================================
骨格ラインから美しい身体をつくる
『美姿勢・美脚スペシャリスト』@Sada

◆Sada公式ブログはこちらから
 ⇒http://ccsics.blog74.fc2.com/

◆sadaセミナー日程はこちらから
 ⇒http://ccsics.blog74.fc2.com/blog-entry-318.html
====================================

| NEXT≫