細くする?ボリュームをつける?どっちが綺麗になる?

みなさま、こんにちは

骨格ラインから美しい身体をつくる
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaです^^
 


専門家向けのセミナーでも
よくお伝えさせてもらっていますが、

日本は「細い=綺麗」という概念が
極端なほど根付いており

健康を損ねてまで
必要以上に細くなろうとする女性が
多くいます。
 

確かに体脂肪率が高く
見た目にも太ってみえるレベルであれば
ある程度の痩せる努力は必要かな?と
思います。

 

でもですね、私の現場で多いのは、
すでに痩せている女性たちが

傾向的には
体脂肪率で16%以下の女性たちでしょうか?

『この部分をもっと細くしたいんです』

的なことを求めてきます。


 
まぁ気持ちはわかります。
女性誌とか見てたら
細いモデルさんがワンサカいますからね
 
美意識高い人ほど
より細く、を目指してしまいます。
(゜ロ゜)ソレハソーダナ


まぁ基本的に、本人がそれを望むなら
健康を維持できる限り
細くしていくのは
別にかまわないと思います。
 
 

ただあまりに極端に痩せすぎると
健康を害するだけでなく
見た目の魅力もダウンしてしまうので
その点は要注意と言えます。
 

フランスなどヨーロッパの各国では
現在、痩せすぎモデルを使った事務所には
罰金が科されるようになっているようです。
 
 
下の写真が痩せすぎモデルさん達。
ここまで細くすると、
さすがに女性らしい丸みのあるラインが
なくなってしまいます。

痩せすぎモデル
ボリュームが無くなり、子供みたいなお尻に。

痩せすぎモデル2
痩せすぎて肋骨が浮き出てしまってる。

痩せすぎモデル3 
とにかく薄い。折れてしましいそうΣ(゚д゚lll)
 

 
まぁ、そういう訳で、私は
●バランスの取れた身体のほうが綺麗だよ~
と推奨しております。
  

なのでセッションでは
身体のサイズ測定をし
---------------------------------------
●細くしたほうがよい部位
●ボリュームアップした部位
----------------------------------------
などを明確に数値で弾きだした上で
トレーニングメニューをくんでいくのですが
 
 
綺麗の指標として『ゴールデンバランス』
が複数の基準で設定されており、
・身長に対するBWHの周囲経
・身長に対する骨盤・ウエスト・胸部の横幅
などを比較しながら見ていく感じですね。
  
 

体型の好みは人それぞれなので
どれが良いとは言えない部分がありますが
一応指標となる数値が分かっていれば
 
「とにかく細くした!」というのから
「ボリューム付けた方が綺麗かな?」
という選択肢なども
頭に浮かんだりしてきます。
 

 
まぁ、とりあえず今後の活動を通して
そういった部分も伝えていけたらと
思っております。
 
 
そこで告知となりますが、
その身体バランスの測定方法を知る
---------------------
■体型分類メソッド×体型別ボディメイク戦略
---------------------
の基礎編セミナーを開催予定です。
■12/11(日)横浜 13:00~15:00
 
 
ちょっと味のあるアドバイスを
クライアントの方に提供したい方は
ぜひご参加ください。
 
あと3枠ほど受付可能です。
⇒http://rrr-style.com/cn25/pg222.html
 
 
ちなみに下の写真はヴィクトリアシークレット 
ビクトリアシークレット 

いやー、やっぱりこうして見ると
ある程度ボリュームのあるボディラインのほうが
魅力的に見えますよね。
(゜ロ゜)ソリャオマエノコノミダロ

 
 |美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから


【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 

      
RRR・Craセミナーの日程は
下記リンクにてご確認ください。


  RRRホームページ 
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


CoreCradleRAcademyホームぺージ
http://core-cradle.com/


美尻メイクと骨盤の歪み

みなさん、こんにちは
骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚スペシャリスト』のsadaです^^

「腰痛」の原因として、骨盤の歪みをお伝えしましたが、骨盤の歪みは美容面でも様々な弊害をおこしています。

その内の一つが「お尻」
お尻の形を気にしている女性は多くいます。
検索キーワードなどでも、「小尻」「美尻」などは頻繁に出てくるキーワードと言えます。

15919096_s.jpg


お尻の悩みで多いのは、
-------------------------------------
・お尻が大きい
・お尻が垂れている
・お尻とモモ裏の境目がない
・セルライト
------------------------------------
各地で取ったアンケートでは、これらが上位に挙がっています。

個別に聞いていくと、ただ「小さくしたい」という女性は稀で、
・形のよいお尻にしたい
というのが本当に望んでいるところのようです。

『小さすぎず、大きすぎず、メリハリがある引き締まったお尻』
という感じなのでしょうか?


そうしたら、“お尻の形をよくする” ためにどんな要素が必要か?ということを考えると、その一つに「骨盤の歪みの改善」が考えられます。


容易に想像できると思いますが、「骨盤の歪み」があると、左右の股関節の位置がズレてしまいます。
当然ですが、そうなるとお尻の筋肉たちの長さも左右差が出てくることになります。


また骨盤が歪みの一つに「骨盤の弛み=開いた状態」などがありますが、こういった状態では、骨盤がグラついてしまい、殿筋がうまく使えない状態になったりします。

こうした状態になることで、お尻の筋肉が弱くなってタルんだり、左右の形に違いがでたりしていくのです。


という訳で、骨盤を整えるということは、「美尻」を作るための一環にもなりますので、こういった美容的な面でも骨盤へのアプローチが正しくできるというのは、トレーナーにとって必須のスキルだと言えます!

RRRセミナー「re・Frame exercise~骨盤・腰部編~」にて、骨盤の歪みの評価と改善のアプローチをお伝えしております。
この部分を聞いてみたい方は是非RRRセミナーへどうぞ^^


====================================
骨格ラインから美しい身体をつくる
『美姿勢・美脚スペシャリスト』@Sada

◆Sada公式ブログはこちらから
 ⇒http://ccsics.blog74.fc2.com/

◆sadaセミナー日程はこちらから
 ⇒http://ccsics.blog74.fc2.com/blog-entry-318.html

====================================

美しい身体の指標 :周径でのゴールデンバランス

みなさま、こんにちは
骨格ラインから美しい身体をつくる『美姿勢・美脚スペシャリスト』のSadaです


ボディーメイクの基礎知識
・周径サイズでのゴールデンバランス
の紹介です。


現場においては、この周径での測定が一番楽だと思います。

ゴールデンバランス2 (1) 


===============================
【バスト:ウエスト:ヒップ】
 =【1.3~1.5 : 1 :1.4~1.5】


ウエストと指標として、バストやヒップのサイズのバランスが決まる感じですが、肝心のウエストの黄金サイズは、下記の計算で決まります。

【ウエストの黄金サイズ】=【身長×0.38】

===============================

実は、みなさまが思っているほど、黄金サイズは細くないはずです。
日本ではウエスト60cm以下が細さの基準みたいになっていますが、実際にゴールデンバランスの数値で計算してみると、


身長160cmの人の、理想ウエストサイズは
・160cm×0.38=60.8cm


身長170cmの場合は、
・170cm×0.38=64.6cm


計算上はこのようになります。


このウエストサイズをもとに、
バストやヒップの数値がある程度目安がつきます。

みなさまも自分のサイズを計測して、どんな状況か確認してみだくさいね。





横浜&各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaのワークショップの日程はこちらから
           
【セミナー情報】
  ⇒セミナー日程一覧 

             
RRRセミナーの全日程は下記リンクにてご確認ください。
  RRR公式ホームページ :http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


美Bodyの指標:横からのゴールデンバランス

みなさま、こんにちは
骨格ラインからキレイをつくる『美姿勢・美脚スペシャリスト』のSadaです

今日もボディーメイク基礎知識の紹介です。
【横から見た際のゴールデンバランス】
前後バランス 

まずは黄金比率を言うと、
==================================
【肩幅:ウエスト:ヒップ】=【1.3 : 1 : 1.3】


さらに重要なのは「くびれ」の位置です!

【バストトップ~ウエスト:ウエスト~ヒップトップ】=【1 :1.2】

==================================
※これも周径ではないので計りにくいと思いますが、頑張って計ってみてください。


横や斜めから見たときに、魅力的な身体というのは、とてもメリハリがあります。
あと、多くの人に見落とされている「くびれの位置の高さ」などは、見た目のプロポーションに大きく影響を及ぼします。

ちなみに「くびれの位置」を高くするには、
・○○○○を△△△する
ことが必須です。

※ちなみに一番多い答えである、
・「腹筋」を「鍛える」とか
・「骨盤」を「整える」
などは不正解ですからね~(笑)


私は仕事で多くの女性の身体をみるのですが、
3サイズが全く同じにも関わらず、すごく魅力的な身体と、
全然そうは見えない体を見てきています。

何が違うのか?
一番の違いは「骨格ライン」です。

表面上は同じサイズでも、その身体を形つくっている骨格が整っているのと、そうでないのとでは、見た目の違いがとても大きな違いとして表れてくるのです。

こういった細かなポイントを押さえたボディーメイクをすることが本当に大切で、
そのような変化を起こすために必要なのが、
・骨格ラインから整えるボディーメイク
なんですよね。

やはり基本となるのは「骨格ライン」なのです。
土台となる骨格がキレイであって初めて、上乗せさせる表層の筋肉群も美しいハリを保つことができるのです!

そしてそれは、ただ身体を鍛えれば手にはいるものではなく、
専門の知識に基づいたトレーニングが必要となるものなのです。

私が代表を務める美姿勢・美脚スペシャリストチーム『RRR アールスリー』で行っている
「re・Frame exercise」は、骨格ラインから美しい身体をつくることに重点をおいたプログラムであり、多くのモデルたちも実践しているトレーニングとなっています。

現在全国にて、認定スペシャリストたちが育ちつつあり、
もう少しすれば各地にてこのスペシャルプログラムを受けることが可能になっていくはずです。

ご興味ありましたら是非RRRホームページから、認定スペシャリストたちへのお問い合わせをされてみてください!




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaのワークショップの日程はこちらから
           
【セミナー情報】
  ⇒セミナー日程一覧 

             
RRRセミナーの全日程は下記リンクにてご確認ください。
  RRR公式ホームページ :http://rrr-style.com/seminar/pg81.html



美Bodyの指標:正面からのゴールデンバランス

 みなさま、こんにちは
骨格ラインからキレイをつくる『美姿勢・美脚スペシャリスト』のSadaです^^

今日はボディーメイクの基礎知識の紹介です。
・美しく見えるゴールデンバランス

「とにかく細ければいい」的に考えている女性も多いのですが、実際に綺麗に見える身体というのは、全体のバランスがよい身体です。

少しずつ紹介していこうと思いますが、まずは正面から見た時のバランスです。
【肩幅:ウエスト:ヒップ】=【1.6 : 1 : 1.6】

周径とのバランスではないので、測るのが難しいと思いますが、このバランスがよいと「ウエストのくびれ」がものすごくキレイに見えます。

実はこのバランスですが、骨格ラインを整えないまま、筋肉のボリュームで整えようとすると、変な身体に見えてしまいます。
大事なのは「骨格ライン」を整えること!

キレイな身体は骨格ラインから作ることが重要なのです。

正面からのゴールデンバランス 

| NEXT≫