【肋椎関節の歪み×交感神経の圧迫】T4症候群(上部胸部症候群)

 みなさん、こんにちは
骨格ラインから美しい身体をつくる美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaです。
 
 
5/20(土)、5/21(日)と
◎re・Frame exercise~骨盤・腰部コンディショニング~
◎re・Frame exercise~胸郭・頸部コンディショニング~
を開催いたしました。
 
 
各地より多くの参加があり、ほぼ定員での開催となりました。
土日の忙しい中、皆様ありがとうございました。
 
 
このre・FrameシリーズはRRR美姿勢・美脚メソッドの根幹をなすものであり、最も基本となる考え方をお伝えする内容です。今回は胸郭・頸部コンディショニングの内容から、現場で役に立つワンポイント情報を書いてみたいと思います。
 
 

セミナー中に軽く触れましたが、「胸郭の機能不全の結果、腕にシビレ感がでることがありますよ~」というのを覚えているでしょうか?実はこれは胸郭における機能不全の代表の一つであり「T4症候群(上部胸部症候群)」などと言われています。
 
T4症候群  

◆T4症候群とは何か?

これは胸椎2番~7番くらいの歪みを原因とし、背部痛・上肢痛・頸部痛が発生する症候群となります。分かりやすく言うならば「腕のシビレを伴うギックリ背中」です。(;゚Д゚)アノイタイヤツ

痛みが起こる原因としては、この胸椎2番~7番の歪みの影響で、胸椎4番あたりの交感神経節が影響を受け、筋・骨格系の問題以外にもシビレ感のような神経的な症状、血管収縮過剰による虚血状態によるコリ感や痛みなどが起こるとされています。


私の現場での感覚とすれば、
・胸椎2・3番の歪み ⇒親指側のシビレ・違和感
・胸椎5・6番の歪み ⇒小指側のシビレ・違和感
として症状が出てきます。これらの椎骨が歪むことで、胸椎4番の部分が影響を受けるという感じです。
 
 
腕のシビレを伴う背部痛や頸部痛が起きていたら、もうその時点で、このT4症候群を疑うのですが、客観的なアライメント評価としては、
・胸椎2番~6番あたりがフラット化(胸椎の後湾が消失)
・頸椎4番~6番の前湾増強
・胸椎2番~6番あたりの可動性の極端な低下 
・胸椎の極端な回旋&側屈(棘突起が向いている側の腕にシビレが起きる)
・胸肋関節圧迫による背中の痛みの増強
などが起きていると、もうほぼ確定だと言えます。
 
 
このT4症候群は、頸部の整形外科的疾患(特に頸部ヘルニア)や胸郭出口症候群、手根管症候群、肘部管症候群などとよく間違えられ、全く効果のでないアプローチをされることも多いのが実際です。まぁシビレの出るラインなどがヘルニアとは違いますし、また感覚鈍麻の症状もデルマトームとかと違ったりするので、知ってさえいればすぐにT4症候群だと気付くことが可能です。


軽いケースの場合は安静にしていても、大体2週間くらいで、ある程度症状は治まるのですが、症状が強く出ている場合は、下手したら半年とか続くケースもあります。ハッキリ言ってその間は地獄のような日常生活となります。腕を伸ばそうとするだけで、背中の神経が引っ張られるような痛みが起きたり、身体を丸める・反らす・捻る・横に倒す、という動作ですら背中~腕に激痛を伴う感じになります。寝ようとしても、寝る姿勢で背中の痛みと腕のシビレが誘発されて、痛みのあまり寝付けなかったりします。
 


改善プログラムとしては、とりあえず胸郭の可動性を回復させることが大事になりますが、胸椎と肋骨(肋椎関節)が複雑な歪み方をしているので、何も考えず動かしてしまうと、かなり痛みを伴ってしまいます。極力痛みを誘発させないためには、胸椎の動きと肋骨の動きをきっちりと調整し、肋椎関節の骨連鎖に従った動きの誘導をしていくことが重要になってきます。特にシビレ感が出ている側の肋骨の動きの制御を、エクササイズに合わせて徒手的にサポートするととても効果を発揮します。

 
20170521_152321.jpg 20170521_115551.jpg 20170521_150523.jpg  


セミナーでは、徒手によるサポートの仕方までは説明しておりませんが、胸椎と肋骨の骨連鎖に従った動きの誘導は、しっかりと理解できたのではないでしょうか?あれらの動きが肋椎関節の歪みを改善し、正常な関節運動を起こす運動パターンを身体に癖つけてくれます。
 

日常生活における姿勢や動きの癖が、こうした症状を防いでくれるのであれば、セルフメンテナンスとして、正常な動きのパターンのエクササイズを日々おこなうことのメリットはとても大きいと言えます。
 

今回参加された皆さんも、「腕のシビレ」=「頸部の問題」と思わずに、この「T4症候群」というものがあることを覚えておいてください。思っているよりも多く遭遇している症例の一つですからね。


【近日開催のセミナー】
・05-28(日) 3step7exercise~くびれをつくる3つの法則~(横浜)
・05-28(日) 3step7exercise~美尻をつくる3つの法則~(横浜)
・06-03(土) re・Frame exercise®~美脚コンディショニング~(大分)
・06-04(日) CoreCradle®エクササイズ編①②(大分)
・06-04(日) ちょいサポⓇセミナー(大分)
・06-10(土) 体型分類メソッド(横浜)
・06-10(土) ちょいサポⓇセミナー(横浜)
・06-11(日) 3step7exercise~美顔コンディショニング~(横浜)
・06-11(日) 3step7exercise~猫背をなおす3つの法則~(横浜)
・06-17(土) re・Frame walking~歩行評価と修正アプローチ~(横浜)
・06-18(日) 3step7exercise~美脚をつくる3つの法則~(富山)
・06-18(日) 3step7exercise~股関節痛パッケージ~(富山)


【セミナー日程一覧は】
http://ccsics.blog74.fc2.com/blog-entry-318.html



|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから


【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 

      
RRR・Craセミナーの日程は
下記リンクにてご確認ください。


  RRRホームページ 
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


CoreCradleRAcademyホームぺージ
http://core-cradle.com/


【ちょいサポⓇ×皮膚感覚】エクササイズで感覚統合

 みなさん、こんにちは
骨格ラインから美しい身体をつくる美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaです。
 
 
◎5/13(土)横浜開催
◎5/14(日)大阪開催
と『ちょいサポⓇ』セミナーを開催いたしました。
 

ちょいサポテキスト部分 
このちょいサポ、そういえば各種セミナーでワンポイントで使っているくらいで、ネット上でもほとんど情報を出していないツールなのですが、それにも関わらず多くの方に参加して頂き本当に嬉しく思います。


という訳で、今後この『ちょいサポ』のエクササイズ情報もドンドンと出していこうと思っております。


過去に一回ほど、第1回セミナーの時の様子をブログで書いており、そこで『ちょいサポ』の基本的な効果に関しては書いております。読んだことのない人は是非読んで頂ければ嬉しく思います。
http://ccsics.blog74.fc2.com/blog-entry-538.html
 

その前回の記事で、『ちょいサポ』が効果を発揮する理由の一つとして、「皮膚の触圧センサーにより動きの修正が容易にできる」というのを挙げております。まぁこれは『ちょいサポ』に限らず、『CoreCradle』や『Lips』も同様なのですが、実はこの皮膚からの感覚情報というのは、人間にとってとても重要な情報の一つなんですよね。
 
FBFF.jpg 

人間は外界からの刺激を様々なセンサーを通して認識し、それらを脳の中で統合して、どのように行動するかを決めています。なのでそれらのセンサーが上手く働いていなかったり、各センサーからの情報がうまく合致していなかったりすると、身体に不調を感じたり、またはその原因になったりします。
 
 
この際に使われる感覚センサーは色々あるのですが、基本的には「五感+その他の感覚器」が同時に働いています。
=======
・視覚
・聴覚
・味覚
・嗅覚
・触覚
・平衡覚
・固有覚
=======


つまりこれらの感覚センサーをしっかりと使い、外界からの情報と自分の中の情報を一致させる作業をすることは、身体をうまくコントロールするためには必要不可欠な要素だと言えるのです。


身体を動かす「運動(エクササイズ)」は、この観点からいくと、自分のボディイメージ(ボディマップ)を書き換えるのに非常に有効であり、特に視覚、聴覚、触覚、平衡覚、固有覚などの働きにより、自分の身体の再認識できるようになるのです。
 
 
でもですね、この中で以外と認識されていないセンサーが『触圧』だったりするのです。立っていたら、それこそ足裏くらいしか床と接触しないですし、また仰向けとか寝ておこなうエクササイズでも、思っているよりも床との接触は意識していないものだと言えます。
 
床との接触を意識すると大分違いますが、それでも腰椎アーチや頸椎アーチがあるため、それら床と接触していない部分はやはり認識がし難くなっていると言えます。


こうした場面で「ちょいサポ」を使うと、床と触れていない腰椎アーチや頸椎アーチの部分が埋まるため、触圧を感知することが可能になります。腰痛アーチや頸椎アーチの左右の当たり具合の違いから、身体の歪みなどが感じ取れるようになるという訳です。
 
 
その他にも、『平衡覚』と『固有覚』も認識がしにくい感覚たちだと言えます。認識しにくいから脳内において各センサーからの情報にズレが生じたりします。例で言うと『視覚』・『平衡覚』と『ボディイメージ』とのズレがあると、乗り物酔いしやすいとか、眩暈が起こしやすいとか、皆さんも馴染みの症状が出たりするのです。
( ゚Д゚)カンカクトニンシキノフイッチ 
 


これらの感覚センサーを活性化させ、脳内での情報を統合させることは、見落とされがちですが、コンディショニング要素としてはかなり重要だと言えます。姿勢保持能力も関節可動性もしっかり出ているクライアントさんが、「何故かこのポジションは苦手なんだよなぁ・・・?」という時は、何らかの感覚センサーからの情報がが上手く処理されていない可能性があるかもしれないのです。

 
各感覚センサーを活性化させ、脳内情報を正しく統合させるために、「ちょいサポ」「CoreCradle」「Lips」の各エクササイズにおいては、「触圧」「固有覚」「平衡覚」を感知しつつ、「視覚」情報を組み合わせ、『感覚統合』を促すであろう動きを幾つも組み込んであるのです。


ただし、感覚センサーが鈍くなっている方も多くいます。これまで意識せず使っていなかったセンサーは、最初は上手く認識できないかもしれません。しかしこれらの感覚センサーは意識して使っているうちに、次第に反応し、感覚を感じ取れるようになるはずです。


という訳で、セミナーに参加された方には、セミナー中に感じとれなかった部分も、少しずつ感じ取れるようになっていくはずなので、ご自身でドンドンとやっておいてほしいのです。そうすれば感覚センサーを活性化させてのコンディショニングが、いかに効果的に短期間で身体を変えていくかを実感できると思います。
 
 
その上で、クライアントさんにこれらのエクササイズを提供して頂くと、とても説得力のある、そして効果の出せるセッションができると思います。是非現場に落とし込んでいってくださいね!!
 

 
また今後も各地で『ちょいサポⓇセミナー』を開催していきます。
近日中の日程ですと
 
・6/4(日)大分 17:15~
・6/10(土)横浜 15:30~
 
【詳細・お申込みは】
http://core-cradle.com/seminar/pg435024.html


大分開催はすでに定員になっておりますが、キャンセル待ちでは受付しておりますので、ご希望の方はお申込みしてキャンセルがでるのをご期待ください。横浜開催はまだ定員まで余裕がありますので、ご興味ある方はこの機会に是非どうぞ。




|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから


【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 

      
RRR・Craセミナーの日程は
下記リンクにてご確認ください。


  RRRホームページ 
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


CoreCradleRAcademyホームぺージ
http://core-cradle.com/

【ウェルスダイナミクス×仕組みつくり】@Sadaはメカニック( ゚Д゚)ソレガドーシタ

みなさま、こんにちは
WDコンサルタントの資格ももっている@Sadaです。
 
 
といっても、普段は個人コンサルとかはほとんどしておりません。ウェルスダイナミクスも基本的には、自分のビジネスを効率的に構築するために学びにいったものですからねぇ。ウェルスダイナミクスはとても良くできた理論であり、ちゃんと頭の整理ができれば、自分のビジネスを大幅に飛躍させることが可能です。


そんな私のプロファイルはメカニック。分解と再構築を大得意とするプロファイルであり、システム化やパッケージ化などは大好物です。
 

ウェルスダイナミクスを学んでからこの2年間、そのメカニックの特性を活かし、地道に土台を固めていっておりますが、かなり明確な形として仕組みが回りだそうとしています。


ダイナモの持つイノベーションの特性を活かし新商品・アイデアなど市場にない価値を創出。スチールとして「増殖」のレバレッジを効かすための権利化・システム化。かつ苦手とする「拡大」のためにブレイズ陣たちの積極的起用する。得意でない分野は得意な人に任していく。タスクベースとして、次の仕事の創出をおこない、それらをシステムに載せていく。常に「Why」を問いかけ、すべての行動を見直していく。
 

誰の役に立てるのか?自分の特性をどうやって人の価値を高めるために転換できるのか?



世界の流行の移り変わりは速く、一つに捉われると時代の流れに取り残されてしまいます。メカニックが分解と再構成が得意といっても、その流れあった形に再構成ができなければ、時代のニーズに沿った価値の創出はできなくなります。もちろん時代を選ばない「不変の価値」はありますが、「不変の価値」もその時々で見せ方は変えていく必要があります。
 

適切なものを適切なタイミングで分解し、そしてそのタイミングにあった形に再構成していく。そのために様々なジャンルから知識や経験を得ていくことは、とても重要な要素となっています。


そんな観点から、メカニックとしてオンリーワンの価値を提供できるよう、自分の業界の専門知識の勉強は当然ですが、常に「自分の業界外」の勉強をし続けていくことも必要だとおもっています。特に「自分の業界と噛み合わせのよい他業界」の知識は、鎖国時代にあらわれた黒船のごとく、これまでに無い価値を自分の業界に提供するチャンスを作り出してくれます。
  
 
今もまた、これまでになかった知識を新しく学んでいる最中です。これがまた楽しすぎる。違う業界なのに同じ感覚を持っているだろうなぁというマニアックさを感じるとたまらなくなりますね(・∀・)ウホホー
 

これらが今後どのように再構成されていくのか?いまから楽しみでなりません。


という訳で、今回の記事は@Sadaの独り言でした。
 


|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから


【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 

      
RRR・Craセミナーの日程は
下記リンクにてご確認ください。


  RRRホームページ 
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


CoreCradleRAcademyホームぺージ
http://core-cradle.com/







【RRRホームページURL & メールアドレス】変更になりました。

 みなさま、こんばんは
骨格ラインから美しい身体をつくる美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaです。
 
 
いやー、やってしまいました。
ちょっとした確認ミスでRRRホームページのドメインを無くしてしまいました。
(ノД`)・゜・。ヤッチマッタヨー
 
 
という訳で、しばらくの間ホームページのURLが変更となります。近く復旧してもらう予定ではおりますが、ブックマーク(お気に入り)などに入れて頂いていた場合は、一時的にURLの変更をお願いいたします。


また、ドメイン変更に伴いメールアドレスも変更となります。まぁこちらは、ほとんどの受付を外部メールフォームを使っていたのでほぼ問題はないのですが、直接ご連絡頂く場合は下記メールアドレスにお願いたします。

 
RRRホームページ 
 
■RRRホームページ
⇒http://r3-style.xsrv.jp

※追記
5/12に無事ドメインの復旧が完了いたしました。
元のURLにてホームページ確認できます。 
http://rrr-style.com 


■RRR問い合わせメール
⇒jimukyoku@r3-style.xsrv.jp

※こちらも復旧しました。
⇒jimukyoku@rrr-styke.com
  


|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから


【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 

      
RRR・Craセミナーの日程は
下記リンクにてご確認ください。


  RRRホームページ 
http://r3-style.xsrv.jp/


CoreCradleRAcademyホームぺージ
http://core-cradle.com/


 

【解剖的理論×エクササイズ】身体の内の動きの変化

みなさま、こんにちは
骨格ラインから美しい身体をつくる美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaです。
 
 
GWも終盤になってきました。
皆様はGWどのようにお過ごしでしょうか?


本日は横浜I.c.s第2サロンにて、
■CoreCradle&Lips共通 理論編①②
を開催いたしました。

20170505_121418.jpg
 
この理論編では、CoreCradle®やLips™のエクササイズの元となる解剖学的理論をお伝えするのが主な内容となっています。といっても解剖だけ説明するだけだと、身体の動かし方には繋がらないので、代表的なエクササイズを復習(初めてのものは体験)しながら、その理論をエクササイズに落とし込んでいく、という内容で進んでいきます。
 
 
理論編は、エクササイズ編を受ける前に受講することも可能となっていますので、「私は理論派なんです!!」という方は、この理論編から受講した方が、エクササイズ編が理解しやすいかもしれません。
 

CoreCradle®やLips™は、全身のコンディショニングにオールマイティーに使えるツールにはなっていますが、効果が発揮しやすい部位というのがあります。それが「骨盤・腰部」「胸郭・頸部・肩甲骨」「足関節」なんですよね。他の部位でももちろん色々と使えるのですが、ツールの特性が強く活かせるのが、これらの部位ということになります。
 
20170505_121447.jpg 

20170505_161507.jpg

今日参加された方は、CoreCradle®やLips™を使うことで、
・骨盤の静的アライメントと動的アライメントの違いと修正
・骨盤の歪みの修正をかける運動の方向性
・胸郭の解剖的構造による関節運動の連鎖パターン
・エクササイズによる連鎖パターンの修正
・足圧重心の流れと重心制御の適正化
などが効果的におこなわれている理由が理解できたのではないでしょうか?
 
 
そして、この解剖的な部分が理解できると、エクササイズのエラーパターンの修正において、身体を動かす方向性がかなり変わるのも体感できたと思います。この方向性の違いは、見た目の違いとしては、ほんの僅かの違いでしかないかもしれません。しかし身体の内部では、使われる筋肉が全然違ってくるということになるのです。
(;゚Д゚)スゲーチガウヨ
 

こうした身体を動かす方向性の僅かな違いの連続が、身体のシルエットは全く違うモノに変えたり、また痛みや障害の原因になっているのだとしたら、動きを正しい方向性に修正するメリットがどれだけ大きいかが理解できると思います。
 
 
もちろんこうしたマニアックな部分を意識しなくても、かなり効果はでるのですが、できるならばMAXの効果を引き出してもらいたい。特にLips™を使うと、静的アライメントにおける骨盤の歪みと、動的アライメントによる骨盤の歪み方が、全く違っていることが体感できたと思います。エクササイズ前後のスクワットテストで、ハッキリと動きの違いが認識できたはずです。こうした普段意識していない身体の動きの部分を意識できるのが、このツール達を使うメリットだと言えます。


是非この感覚をクライアントの方にも届けてもらいたいと思っております。「こんな細かな部分まで感じ取れるかな?」というのは当然出てくると思いますが、これまで現場で使っていて、一般のクライアントの方でも、少しずつ感知能力が高まり、次第に自分の身体の動きを自己認識・自己修正をしだしてくれます。
 
 
CoreCradle®やLips™は、「皮膚の触圧」を感知しながらおこなうので、大抵の人は、皮膚感覚から自分の身体の動きの左右差などをほぼ確実にチェックができるようになってくれます。こうして感覚センサーが磨かれることで、さらにエクササイズの効果が高まるという好循環が生まれてくるのです。という訳で、心配せずにどんどんと使ってもらえると嬉しい限りです。
(・∀・)イッパイツカッテネ
 


【5月のセミナー】( ゚Д゚)オマチシテオリマス

●5/7(日)横浜
・11:00~ :Lipsエクササイズ編①②

● 5/13(土)横浜
・11:00~ :3step7exercise~美脚をつくる3つの法則~
・14:00~ :ちょいサポセミナー

●5/14(日)大阪
・10:00~ :ちょいサポセミナー
・13:00~ :CoreCradleエクササイズ編①②
 
●5/19(金)横浜
・18:00~ :CoreCradleエクササイズ編①
 
●5/20(土)横浜
・11:00~ :re・Frame exercise~骨盤・腰部~
 
●5/21(日)横浜
・11:00~ :re・Frame exercise~胸郭・頸部~


【セミナー日程の確認やお申込みは】 
http://ccsics.blog74.fc2.com/blog-entry-318.html



|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから


【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 

      
RRR・Craセミナーの日程は
下記リンクにてご確認ください。


  RRRホームページ 
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


CoreCradleRAcademyホームぺージ
http://core-cradle.com/

 
 


 
 


 
 


| NEXT≫