セミナー日程一覧

@Sadaの各地でのセミナー日程およびに当サロンでの各種セミナー開催日程になります。

日程は、開催が決まり次第、随時アップいたします。


セミナー名をクリックすることで「セミナー詳細」ページへと移ります。
※RRRセミナーは「RRRセミナー詳細ページ」へとリンクします。
※Craセミナーは「Craセミナー詳細ページ」へとリンクします。
※その他セミナーは、各種セミナー詳細ページへとリンクします。


ご希望の日程をご確認の上、各開催要項の【申し込みフォーム】よりお申し込みください。

お申し込み後は、各講師もしくはセミナー主催者より「セミナー案内メール」が届きます。
案内メールに記載された「セミナー受講料のお振込み先」・「日程」・「会場」等をご確認ください。

※セミナー日程は、都合により変更になる場合があります。
お申込み前に再度日程などご確認の上、お申込みをお願いいたします。


それでは下記よりセミナー日程となります。


 
【2017年 9月開催】
日程エリア開催セミナー開始時間
9/2
(土)
神奈川
横浜

【身体の本質セミナー】
勉強会A6
10:30~

基礎生理学7
13:30~

基礎生理学8
15:15~
9/3
(日)
神奈川
横浜

ちょいサポ®セミナー

13:00~
 
【メンバー専用勉強会】
The基礎力 動的アライメント評価

15:30~
9/10
(日)
富山
富山

3step7exercise
~肩関節痛に対する機能改善パッケージ~

10:00~

3step7exercise
~膝関節痛に対する機能改善パッケージ~

14:00~
9/17
(日)
神奈川
横浜

re・Frame exercise®
~骨盤・腰部コンディショニング~

11:00~
9/18
(祝月)
神奈川
横浜

re・Frame exercise®
~胸郭・頸部コンディショニング~

11:00~
9/23
(土)
広島
広島

3step7exercise
肩関節痛に対する機能改善パッケージ

12:30~

3step7exercise
腰痛に対する機能改善パッケージ

16:00~
9/24
(日)
広島
広島

3step7exercise
股関節痛に対する機能改善パッケージ

10:00~

3step7exercise
膝関節痛に対する機能改善パッケージ

14:00~
9/30
(土)
神奈川
横浜

Lips-SC-
ベーシックセミナー

10:00~

体型分類メソッド
基礎編

13:00~

CoreCradle®
ベーシックセミナー

15:30~


【2017年 10月開催】
日程 エリア 開催セミナー 開始時間
10/1
(日)
神奈川
横浜

3step7exercise
美尻をつくる3つの法則

13:00~

3step7exercise
くびれをつくる3つの法則

15:30~
10/8
(日)
神奈川
横浜

re・Frame walking
歩行評価と修正アプローチ

11:00~
10/9
(祝月)
神奈川
横浜

re・Frame exercise®
美脚コンディショニング

11:00~
10/14
(土)
神奈川
横浜

ちょいサポ®セミナー

13:00~

CoreCradle®
Basicセミナー

15:30~
10/21
(土)
福岡
博多
 
re・Frame walking
歩行評価と修正アプローチ

11:00~
10/22
(日)
福岡
博多

【メンバー専用勉強会】
The基礎力 動的アライメント評価
~動きの評価の基礎力を高める~

10:00~

【メンバー専用勉強会】
The極 骨・骨連鎖
~骨連鎖に基づく骨盤アライメントの修正~

12:30~

3step7exercise
美顔コンディショニング

16:00~
10/28
(土)
神奈川
横浜

RRR認定スペシャリスト
養成4days①

11:00~
10/29
(日)
神奈川
横浜

RRR認定スペシャリスト
養成4days②

10:00~

【2017年 11月開催】
日程エリア開催セミナー開始時間
11/3
(祝金)
神奈川
横浜

ちょいサポセミナー

13:00~

CoreCradle®
ベーシックセミナー


15:30~

Lips-SC-
ベーシックセミナー
 
18:00~
11/4
(土)
神奈川
横浜

産後の骨盤コンディショニング
 
13:00~
11/4
(土)
大分
別府

CoreCradle&Lipa-SC-
共通カリキュラム
理論編①②


11:00~
11/5
(日)
大分
別府
 
セルライト除去プログラム

10:00~

3step7exercise
股関節痛に対する機能改善パッケージ

13:00~

3step7exercise
膝関節痛に対する機能改善パッケージ

16:15~
11/11
(土)
神奈川
横浜

3step7exercoise
猫背をなおす3つの法則


13:00~

3step7exercise
美顔コンディショニング

15:30~
11/12
(日)
大阪
大阪

re・Frame exercise®
胸郭・頸部コンディショニング

11:00~
11/18
(土)
神奈川
横浜

3step7exercise
股関節痛に対する機能改善パッケージ

10:30~

3step7exercise
膝関節痛に対する機能改善パッケージ

14:30~
11/19
(日)
神奈川
横浜

CoreCradle®
エクササイズ編①②
11:00~
11/25
(土)
神奈川
横浜

RRR認定スペシャリスト
養成4days③

11:00~
11/26
(日)
神奈川
横浜

RRR認定スペシャリスト
養成4days④

10:00~

【2017年 12月開催】
日程エリア開催セミナー開始時間
12/2
(土)
神奈川
横浜

【身体の本質セミナー】
勉強会A7

10:30~

基礎生理学9

13:30~

基礎生理学10

15:15~
12/10
(日)
大阪
大阪

【RRR・Craメンバー専用勉強会】
The極 骨・骨連鎖
~骨連鎖に基づく骨盤アライメントの修正~

15:30~
12/16
(土)
神奈川
横浜

CoreCradle®&Lips-SC-
共通カリキュラム
理論編①②
11:00~
12/17
(日)
神奈川
横浜

3step7exercise
肩関節痛に対する機能改善パッケージ

 
10:30~

3step7exercise
腰痛に対する機能改善パッケージ
14:30~





◆セミナーへのお申し込み

上記よりご希望の日程をクリックすると、
各セミナー詳細ページへとリンクいたします。

ご希望の日程の申し込みフォームより
セミナーのお申込みをお願いいたします。
 

お申込み後、自動返信メールにてセミナー受付の連絡が届きます。
受付メールの案内に従って入金処理をお済ませください。

地域開催においては各地主催者からの連絡をお待ちください。


【お気を付けください】
・メールアドレスの記入ミスにより返信メールが届かないケースがあります。
・携帯電話のメールアドレスでお申込みの場合、返信メールが届かないケースがあります。
※「jimukyoku@rrr-style.com」を受信可能に設定するか、
各種PCメールでのお申し込みをお願いいたします。

・お申し込み当日の内に自動返信メールが届かない場合は、
一度「迷惑メール」に入っていないかをご確認の上、
下記の問い合わせフォームよりご連絡ください。
https://ws.formzu.net/fgen/S88199265/

※土日を挟む場合は、返信が週明けになる時があります。
※当日は動きやすい服装でおこしください。室内シューズは不要です。



◆セミナーキャンセルの受付フォーム

お申し込みされたセミナーをキャンセルする場合は、
セミナー受付メールに記載されたキャンセルページにて手続きをされてください。

受付メールをなくして「申込み番号が」わからない場合は、
下記フォームよりキャンセルのご連絡をお願いします。
https://ws.formzu.net/fgen/S74001410/




【11/5(日) セルライト除去プログラム】大分開催



【 一般の方&専門家 両方OKのセミナー 】


一般の方&専門家共にOKのボディケアセミナーとなります。
今回のテーマは「セルライト」




■セルライト除去プログラム
~セルライトを根絶させる3つの法則~



女性の多くが気になるのが『セルライト』


お尻・もも裏・内もも・二の腕などにいつの間にかにできており、肌のハリ感を失わせる原因の一つになっています。世の中でよく宣伝されているのが、クリームなどを塗ってマッサージや、マシンを使った施術などのセルライトの改善方法。
 

一瞬セルライトが少なくなったうように感じても、またすぐに元に戻ったりしていませんか?
 

それもそのはず。マッサージやマシンなどでセルライトを潰しても、またできてしまうのは組織学的な理由があるのです。根本的にセルライトを改善するには、セルライトができる仕組みと破壊した後に、綺麗で正常な組織に戻るための「正しい手順」を知っておくことが必須なのです。
 
 
このセミナーでは、セルライトができる仕組みと共に、エクササイズによるセルライトの改善方法と組織を正常化させるための組織学理論をお伝えしていきます。2時間のショートセミナーのため、ポイントを押さえた内容で解りやすくお伝えいたします。
 

セルライトに悩む女性の皆様 、この機会に是非ご参加お待ちしております。


【2017年11月開催 in 大分 】
日程 : 11/5(日) 10:00~12:00
場所 : 竹瓦温泉2階
住所 : 別府市元町16-23
料金 : メンバー¥7,560 メンバー以外¥9,720
講師 : 石井完厚


↓【お申し込み】↓


お申し込みは、下記メールフォームよりどうぞ。
お申込みセミナーをご確認後、講師または主催者よりセミナー詳細をご連絡致します。


セミナー申し込みフォーム


メールアドレスの記入ミスにより返信できない事があります。
3日以内に返信ない場合は、一度ご確認の上、下記アドレスにメールをお願い致します。


※当日は動きやすい服装でおこしください。
※室内シューズは不要です。


|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから


【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 

      
RRR・Craセミナーの日程は
下記リンクにてご確認ください。


  RRRホームページ 
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


CoreCradleRAcademyホームぺージ
http://core-cradle.com/



【しなやか×構成要素】身体の本質セミナー2017

 みなさん、こんにちは
骨格ラインから美しい身体をつくる美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaです。
 

7/16・17’(日・祝月)大阪にて
■身体の本質プロジェクト2017
が開催されました。
 
8名の講師による90分のセミナーが2日間にわたって行われました。今年も一枠ほど担当させて頂き、女性の身体つくりのための要素に関してお伝えささせて頂きました。
 

内容は
◆しなやかな身体のつくりかた
 
しなやかな身体 

少し曖昧なテーマの内容になってしまったため、伝えるべき要素が多くなりすぎた点はありましたが、何となく全体像はお伝えできたのではないでしょうか?
 

「しなやかな身体」の定義として、
------------------------
①バラバラに使える身体を
②力がスムーズに流れるように連鎖パターンに沿って
③可動域いっぱいに柔軟に使える
------------------------
という項目を上げました。
 

これは「しなやかさ」が、ただ「柔らかい身体」というだけではなく、「スムーズに流れるような身体の使い方」とある程度の「力強さ」も含んだ要素だと言えるからです。



実際セミナーが始まってすぐに、「しなやかさ」のイメージをヒアリングしていくと、「チーター」「鞭」「ダンサー」「フィギアスケーター」など、多くの人がイメージしているものは大体一致しており、その理由を聞いていくと、「柔らかで力強い」「流れるような動き」「可動域が大きい」などが要素として出てきていました。
 
 

実は最初は90分しかないことから、この中の「柔らかさ」という要素に絞って、筋肉を柔らかくするためのエクササイズ法を筋生理学的な面からお伝えしようとも思ったのですが、それだけでは「流れるような動き」にはならないため、テーマと少し違う内容になる可能性があったため、「しなやかさ」を構成する要素全体をお伝えする内容にしたという経緯があります。

20155949_1881197355479100_817597939930872108_n.jpg 

結論的には、上記の3要素は

・Stability(安定性):①部位を固定する機能。②関節中心軸を制御する機能。
・Mobility(分離性):①関節周囲組織が正常で動作時に引っかからない。②筋の柔軟性
・Coodination(協調性):上行性・下行性連鎖パターン。骨盤の連鎖パターン

に分解することが可能であり、それらをもとにプログラムを組むことで「しなやかな身体」が本当の意味で手に入ることが理解できたのではないかと思います。90分のショートセミナーであったため、重心移動を含む連鎖パターンに関してはお伝えができませんでしたが、また何時かの機会にお伝えできればと思います。





StabilityとMobilityに関しては、普段のセミナーからお伝えしておりますが、「関節中心軸の制御」には、実はこの2つの要素が必要であることをお伝えしました。そして筋肉を鍛えるだけでは、関節周囲組織の問題により、「関節中心軸の制御」機能が回復しない可能性があるので、『関節をはめ込んで使う』ことの重要性をお伝えしました。





連鎖パターンでの体幹の動きは、多くの方が苦戦されていましたよね。普段使っていない運動パターンは、どのように身体を操作したらよいかが分からず、ついいつもの癖で身体が動こうとしてしまいます。無意識に身体を動かしていると、よほど条件や環境が限定されない限りは、普段の癖のパターンで動いてしまっているということです。
 

『大体同じ動きになっているんだけど、何か違って見えるんだよな??』という時などは、ひょっとしたらその連鎖パターンがないために、無理矢理他のパターンを代用して動いているケースだったりします。そういった時に、動きのイメージだけ伝えても、そもそもその連鎖パターンを持っていない人は、その動き自体が理解できなため、やはり違う動作になったりするのです。
 

最後にお伝えしたのは、Mobilityの中で「筋の柔軟性」を表す「flexibility」の部分。やはり筋の柔軟性がないと、関節を大きく使うことはできないですからね。筋生理学的な部分の説明は、本当に簡単に済ませてしまいましたが、結論的には筋の柔軟性をつくるには「短縮性収縮」と「伸張性収縮」の両方の刺激が必要ということでしたね。

20158089_1335098706587407_587933455_n.jpg 

恐らく、身体を柔らかくするために、筋を伸ばすストレッチをしている人は多くいると思います。まぁそれでも柔らかくはなるのですが、伸張だけで作った柔軟性はリスクも非常に高くなります。関節の保持機能を考えると、必ず「短縮性の収縮」をその要素として入れておくべきなのです。
 

実際にセミナー時に、肩甲骨挙上筋や肩甲骨内転筋を自重をサポートに使ったポジションで最大短縮させた後の、肩の動きの軽さは、ほとんどの方が実感したのではないでしょうか?肩甲骨まわりに関しては、短縮性の収縮だけで終わりましたが、それでも可動域の変化はかなりのものだったと思います。
 

筋節レベルでの組織の再構成を考えると、最大短縮を意図的におこなうことは、筋の組成変化にとても重要な要素であり、効果が高い方法ということですね。


短縮がしっかりできれば、そこから伸張刺激を入れていくと、筋の反応はより高まります。セミナーでは、腸腰筋を例に「短縮⇔伸張」のパターンをやってみました。(※プライオメトリックではなく、短縮・伸張を個別に実行します)。股関節は特に体幹と下肢をつなぐ重要な関節であり、しっかりとした可動域の確保が必要な部位ですからね。

20117520_1335098796587398_1288451052_n.jpg 

トレーナーさんたちは割と普段から股関節は大きな可動域で動かしているので、腸腰筋だけへのアプローチですと、それほど大きな変化は感じなかったかもしれませんが、これに殿筋や内転筋、また大腿直近やハムストリングの『短縮性収縮』と『伸張性収縮』のエクササイズを入れていくと、かなりの変化を感じるはずです。
 

セミナーでは時間の都合上、これだけで終わりましたが、現場においては、全ての筋肉において、この考え方を適応していくのです。全身できれば全体の可動域は恐ろしいほど上がっていきます。


20134862_1335098859920725_1026904582_n.jpg 

最後に集合写真。4コマ目だったので、朝から出ていた方はかなりお疲れだったのではないでしょうか?でも全国から熱い意志をもったトレーナー・インストラクターさんがこうして集まって一緒に勉強していけるのは、とても幸せな環境があると感じます。こうした場を毎年作ってくれる「身体の本質プロジェクト」へは『感謝』しか言いようがありません。毎年ありがとうございます。 (。-∀-)アリガトウゴザイマス
 


20032001_1412152362207204_4681309366737179563_n.jpg 

最後は毎年恒例。一年に一回の遭遇と記念写真。じつは同い年の二人。若い人たちだと分からないかもしれない懐かしのフュージョンをミッキーとしておきました(笑)



【RRRセミナー日程一覧は】
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html
 
【Craセミナー日程一覧は】
http://core-cradle.com/seminar/pg81.html
 
【@Sadaのセミナー日程一覧は】
http://ccsics.blog74.fc2.com/blog-entry-318.html



|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから


【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 

      
RRR・Craセミナーの日程は
下記リンクにてご確認ください。


  RRRホームページ 
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


CoreCradleRAcademyホームぺージ
http://core-cradle.com/




記事③ 機能的な筋の分類



※この記事はH20年に書いたものを、H29年に加筆・修正したものとなります。


みなさん、こんにちは
骨格ラインから美しい身体をつくる美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaです。


ニュートラルアライメントが色々な意味において大事な指標になることは、何となくでも理解してもらえたでしょうか?そうしたら今度は、骨に付着し、身体を動かす原動力となる「筋肉」に関して見ていきたいと思います。


最近では、こうした「機能的な筋の分類」も色々な書籍で見かけるようになってきており、機能改善系・パフォーマンスアップ系に関わらず、共通の認識でコンディショニングができるのはとてもメリットが高いことだと思います。分類の仕方が人(書籍)により3分類であったり、4分類であったりと若干の違いはありますが、基本的な考え方は一緒となります。


下の図を見てください。
筋の機能的分類 


これは私のスキルアップクラスで使っているテキストをそのまま貼り付けしたものです。
筋肉が4つに分類されているのがわかると思います。


ちなみに3つの分類するタイプのものは、上の図における中間の2つの項目、「Local Mobilizer」と「Global Stabilizer」を一つにまとめている感じの分類になります。実際、3つの分類方法のほうが理解しやすいので、私も今後そちらの分類でまとめ直ししようかと思っているくらいです(笑)


このように筋の分類がされ、それぞれの筋肉がどこのカテゴリに配置されるかが理解できれば、コンディショニングの際に、色々な相関関係が見えてきて、改善のためのプログラムが考えやすくなるのです。
 

例えば現場で多い、Local Stabilizer(関節制御インナー)の機能不全により、その代償としてGlobal Stabilizer(体重支持アウター)が過緊張を起こしてるケース。ちょうど「多裂筋」の機能不全により「腰方形筋」が過緊張を起こしているケースや、「頸長筋」が機能不全により「斜角筋」が過緊張を起こしているケースなどがこれに当たります。(・∀・)モットイッパイアルヨ


この「インナーが働かないことで、アウターが働きすぎる」パターンは、現場ではよく出くわすのですが、筋の分類が分かっていると、過緊張を起こしている筋肉が、どの筋肉の機能不全の代償をしているのか?がある程度パターン化されているため、すぐに対応策が取れるようになります。


またその他にも、「拮抗パターン」や「共同パターン」など様々な問題の出方があるのですが、そういったケースでも、筋の機能的分類の側面から考えていくと、現場でよく出ているパターンなどが見えてくるようになり、トラブルの原因となっている機能不全を起こしている筋肉に対し適切な刺激を与えることができるようになるのです。

16373822_s.jpg 




という訳で、姿勢改善や痛み改善、機能アップ、美容系など、トレーニングのジャンルは色々ありますが、全て「人間の身体」に対してのアプローチとなるので、そういった点では筋肉の分類は避けて通れない分野となります。その際に機能的な分類で覚えておくと現場ではとても使える知識となってきますので、是非そういった視点をもって解剖の勉強をしていくと楽しいのではないかと思います。(・∀・)ケッコウタノシイ





【RRRセミナー日程一覧は】
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html
 
【Craセミナー日程一覧は】
http://core-cradle.com/seminar/pg81.html
 
【@Sadaのセミナー日程一覧は】
http://ccsics.blog74.fc2.com/blog-entry-318.html



|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから


【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 

      
RRR・Craセミナーの日程は
下記リンクにてご確認ください。


  RRRホームページ 
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


CoreCradleRAcademyホームぺージ
http://core-cradle.com/



【圧迫×関節運動】Stabilityを促す必須要素( ゚Д゚)ケッコウダイジ!

 みなさん、こんにちは
骨格ラインから美しい身体をつくる美姿勢・美脚スペシャリスト@Sadaです。


みなさん、自分の関節の位置に関して、どこが正しいか分からなくなったことないですか?例えば、「どこに頭をホールドしておけば首が安定するのか全く感じとれない」というような経験です。一般の方ですと、そんなこと考えた事すらないかもしれませんが、トレーナーやインストラクターの方であれば、一度は経験があるのではないでしょうか?


特に関節の可動性を広げようと、可動域トレーニングを多くしている際や、他力で強い圧を関節にかけすぎた場合などに、関節が動き過ぎたりしてしまうと、よくそんな症状が起きてしまいます。

25296514_xxl_20170707211257d3e.jpg 

関節の位置が分からない時は、関節安定性がかなり低下している時であり、大抵の場合、痛みや過剰な筋緊張を感じたり、筋疲労が抜けない感じがあったりなど、そういった症状に悩まされてしまい、関節の位置にまで気が向かないかもしれませんが、実は結構な頻度で起きているであろう事象だと思われます。
 
 
そんな時にどのように対応したらよいのか?私は常々、セミナーやセッションにおいても、『関節は弛め過ぎないように、適切に締めましょう!』と伝えておりますが、その際に使う現場テクニックの一つとして
======================
■関節を圧迫しながら動く
======================
などを取り入れたりしております。


関節を圧迫しながら動く、というのはどんな感じかというと、脊柱だと解りやすいですが、単純に頭頂部や両肩から尾底骨にかけて垂直に圧をかけながら、小さな範囲で脊柱を揺らしたりすることをします。また肩関節だと、壁や床に手をついて、肘を伸ばして上腕骨を固定し、それに対して肩甲骨の関節窩を解剖軸に従って押し付けて、関節の正しいポジションをキープしたりします。
※もちろん整形外科的疾患がある方には注意が必要です。
 

特に、頸部や肩関節また胸郭の関節においては、この圧迫のテクニックはとても効果を発揮し、かなり短期間で、関節の位置覚を正常な状態の戻すことが可能になるのです。(傾向的に関節の位置が行方不明だと感じやすいのも、これら上半身の関節が多いのですけどね)


 
なぜ関節を圧迫することが効果を発揮するのか?ですが、


関節のポジションがズレていて、自分で正しい関節の位置を感知できない際は、靭帯や関節包、また筋・腱についている受容器(センサー)たちは、脳内情報との一致ができない状態であり、そのためにセンサーが過剰に反応し、脳に「この位置違う!この位置違う!」と伝え続けている状態だと言えます。
 

脳はその情報から関節の位置を修正しようと、周辺の筋肉に、「何かズレているみたいだから誰か直して~」って指令をだしていきます。


ただこういった身体状況においては、痛みの反射や関節のズレの影響でインナーマッスルに抑制がかかっており、関節制御が得意でないアウターマッスル達が過剰に反応して働き出してしまうのがお決まりのパターンだと言えます。
 
 
関節中心軸の制御が不得意なアウターマッスル達は、過剰に働き過ぎ、適切な位置に関節がホールドできず、結果としてセンサーたちからの「( ˘•ω•˘ )まだ位置が違いますけど・・」という脳への情報伝達は繰り返されるという訳です。


こんな時に関節を『圧迫』しながら動くと、(実際にやってみた頂くとすぐに体感できると思いますが)、その位置が分からなくなっている関節以外の部位にも『圧』がかかり、各関節の正しいポジションというのが、身体全体の感覚から結構感じ取れたりするものなのです。
( ゚Д゚)アッパクシナガラ、チイサクユラスノガポイント!!


関節への圧迫を感じたら、その関節面が一番安定する位置(大抵はニュートラルの位置)を探し、安定する位置が見つかったら、そのポジションをキープしたまま、かかっている圧に対して、少し抵抗する方向へと関節を動かしてもらいます。


やってみてもらえば体感できると思いますが、恐らく「確かにこの関節の位置は正しい位置に違いない」と感じると思います。
この感覚を是非感じてもらいたいものです。


まぁ、その意味では、ゴムチューブに包まれてエクササイズをおこなう『ストレッチーズ』というツールは、恐らくこの関節圧迫効果を出しながら動作ができるので、かなり動作時における関節安定性を引き出してくれるのではないでしょうか?
( ゚Д゚)スイマセン、ヤッタコトアリマセン。チガッテタラゴメンナイ。


でも実は、CoreCradleにも、この関節圧迫を使った関節安定化エクササイズが存在したりするのです。それに関しては、今後出てくる追加エクササイズ集に入れ込む予定なので、メンバーの皆様は楽しみにしておいてください!



【近日開催のセミナー】
・07/08(土) Cra&Lips共通カリキュラム 理論編①②(横浜)
・07-09(日) re・Frame exercise~美脚コンディショニング~ 
・07-15(土) Lips-SC-Basicセミナー(横浜)
・07-15(土) CoreCradle®Basicセミナー(横浜)
・07-16(日) CoreCradle®Basicセミナー(富山)
・07-21(金) Lips-SC-Basicセミナー(横浜)
・07-30(日) CoreCradle®Basicセミナー(大分)
・08-06(日) 美顔コンディショニング(京都)
・08-06(日) 猫背をなおす3つの法則(京都)
・08-12(土) CoreCradle®Basicセミナー(横浜)
・08-12(土) Lips-SC-Basicセミナー(横浜)
・08-20(日) CoreCradle®Basicセミナー(大阪)
・08-20(日) 理論編①②クレードル&リップス共通(大阪)
・08-26(土) 肩関節痛に対する機能改善パッケージ(横浜)
・08-26(土) 腰痛に対する機能改善パッケージ(横浜)
・08-27(日) 股関節痛に対する機能改善パッケージ(横浜)
・08-27(日) 膝関節痛に対する機能改善パッケージ(横浜)
・08-27(日) CoreCradle®エクササイズ編(名古屋)
 

【RRRセミナー日程一覧は】
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html
 
【Craセミナー日程一覧は】
http://core-cradle.com/seminar/pg81.html
 
【@Sadaのセミナー日程一覧は】
http://ccsics.blog74.fc2.com/blog-entry-318.html



|美姿勢・美脚スペシャリスト@sada|




各地にて開催中!
美姿勢・美脚スペシャリスト@Sada
ワークショップの日程はこちらから


【セミナー情報】

  ⇒セミナー日程一覧 

      
RRR・Craセミナーの日程は
下記リンクにてご確認ください。


  RRRホームページ 
http://rrr-style.com/seminar/pg81.html


CoreCradleRAcademyホームぺージ
http://core-cradle.com/

| NEXT≫